Disciplined Entrepreneurship-起業の法則 (1.市場の細分化)

Bill Aulet 著 Disciplined Entrepreneurship-起業の法則 (意訳)

起業したいという人は3つのタイプにわけられます。

アイデアがある

テクノロジーがある

情熱がある

情熱があってもアイデアやテクノロジーがない場合、自分のもっている経験や知識、技能を検証してみましょう。そして顧客が困っていることをみつけ、自分が持っている能力やスキル、技術でそれを解決するのです。

起業するためには世の中の誰かの役に立つことで、自分が得意で、これから先もやっていきたいことをみつけ、それをチームで実行します。そのためにはまず、だれが顧客なのかをみつけます。

Step1市場の細分化(マーケットセグメンテーション)

ビジネスをする上で最も大切なのは 商品を買ってくださる顧客です。
スタートアップ会社は資源が限られているので顧客中心のアプローチをするべきです。今までにない市場をつくりだすのが成功の秘訣です。

市場の細分化の仕方
まずブレインストーミングをします。可能性のある産業をとりだし、その産業の中でだれがこの商品(サービス)が必要かリストアップします。この時、エンドユーザーに焦点をあててください。この段階ではたくさんの可能性を見出してください。
次に、ブレインストーミングでだしたリストを6~12くらいまでに狭めていきます。この時以下の点に注意してください。

このターゲット層は経済的に余裕があるか
ターゲットに直接売れるか
その商品を買うべき理由があるのか
その商品をパートナーの助けをかりれば、今日、納品できるのか?
強力な競争相手がいるか
この市場で勝てば、他の市場に入れる可能性があるのか

次に第1次市場調査を行ないます。
すでに存在する市場調査レポートがどこかにあるならば、もうその市場に入るのは遅いでしょう。
顧客になる可能性のある企業や人を調査をします。そこで現状の問題点を引き出すのです。
顧客と話す時は以下の点に注意してください。
まず、あなたには今顧客が望んでいることに対する回答がないこと。
顧客はあなたのために回答を用意していないこと。
顧客と話すと時にはセールスではなくあくまでも質問、調査です。

市場調査には少なくとも数週間はかけてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中