資金を集めるのは事業を成功させるよりは簡単            

9月22日付けのボストングローブ紙に、興味深い記事がのってます。

スタートアップ ストーリー、始めるのは簡単だが、構築するのは大変

記事の要約
2011年の2月23日はBrian Krejcarek(以下ブライアン)にとってアントレプレナー誰もが夢見る日であった。サンフランシスコの”Launch”(ラウンチ)と呼ばれる会議で投資家やその他観衆の前で自分の製品のプレゼンをする機会に恵まれたのだ。当時、彼はケンブリッジイノベーションセンターで寝泊まりする日々を過ごしていた。彼は全ての金を彼のスタートアップである、”GreenGoose”に投入していた。GreenGooseが提供する製品は高額でないワイヤレスのセンサーでどんなものにも装着でき、例えば自転車や子供の歯ブラシに、そしてどれだけの頻度でそのものが使われているかを調べることができるものだ。彼は子供も大人も例えば歯を磨いたりすることでポイントを集めることができ、モチベーションがあがると、提案していた。
このイベントで彼がステージを去る前に2人の投資家がすぐに1000万円ほどの投資を申し出、その日賞も受賞し、とうとう、1億円以上の資金を集めた。

今日、”GreenGoose”は倒産し、ブライアンには800万円ほどの借金が残っている。ブライアンは、2010年にポートランドで会社を起こしたが、資金を得られなかった。そこで東に移動し、プロビデンスのアントレプレナーの促進プログラムを受講し、そこで、投資家へのコネを得る。その後、ケンブリッジのイノベーションセンターに引っ越した。結局、”GreenGoose”には25の投資家が投資をした。グーグルのエグゼクティブであり、投資家のドン・ドッチによると、”このようなエンジェル投資家は基本的に1本250万円の宝くじを買うようなもの。10枚チケット買えば、1枚はあたるでしょう”、といっている。ブライアンは会社を設立した後、サンフランシスコに移住したが、定着しない従業員のことで悩まされる。“Brush Monkey”という製品は去年の夏に49ドルで発売されるが、技術上の問題も抱え、強力な販売ルートの構築もできなかったために、数百個しか売れなかった。投資家からも見放されてしまう。
現在ブライアンはポートランドに戻り、他の会社のコンサルティングをしながら、次のプロジェクトの立ち上げをしている。”僕は何かを作っていく事が好きなのです、それをやめる気はありません” 

Launch Capital 社の分析によると、アメリカ、ヨーロッパでは2013年には去年の倍の起業資金が流入している。でも、追加資金となると難しい。ということは、沢山の企業がGreenGooseのような道をたどるだろうということだ。前述のドッチ曰く、”これがスタートアップビジネスであり、その現実は大抵の企業が失敗をするということだ”。

ここまでが新聞の記事の要約になります。
これを読んでみると先日のピッチイベントでのベンチャーキャピタル会社の勝率40%というのが、いかに確率が高いかということがわかりますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中