ロンドンのアイシティ構想にいくつかのアイデアを

ボストングローブ紙 9月23日

意訳

ロンドンに、ケンブリッジ市にあるケンダールスクエアのような場所を作る構想(アイシティ構想)があり、2018年に完成予定である。そのアイシティ構想のディレクターである、Gibbs氏(ギッブス氏)はボストン周辺のイノベーション地区の状況を調べそこからアイシティ構想に使えるアイデアを収集した。アイシティができあがると約9万3千平米のスペースにはオフィス、巨大なデータセンター、ラフバラー大学(Loughborough Uni)大学院の研究センターがはいることになっている。

ギッブス氏がボストンで気にいっていることは、大学、スタートアップ、企業が全て非常に近くに集まっていることである。アイシティも似たような感じになる予定であるが、ブリティッシュテレコムがスタートアップが多くいる中に出張所を出すことに興味をもっている。ギッブス氏曰く、”目の前でパラダイムシフトがおこっています。大企業がスタートアップのような小さなもののそばになるべく近ずこうとしているのです。” 

ギッブス氏によると、アイシティはシリコンバレーのような ”技術的” な場所というよりは、もっと ”創造的”(クリエイティブ)な場所になる予定である。

以上が意訳になります。

補足として、
ケンダールスクエアというのは
マサチューセッツ州 ケンブリッジ市にありやグーグル、マイクロソフト、ノバルティス等、現代を代表するITやライフサイエンスの企業とMITやハーバード大学等の研究所、そしてケンブリッジイノベーションセンターのようなインキュベーターが直接結びついたボストンエリアの知の心臓部です。 このような枠組みを作る支援というのが本来国の支援ということでしょうか。ギッブス氏がいうように、ケンブリッジの魅力は上記の3つの分野がそばにあり、相互に深く協力しあっている点だと思います。

小さい会社のほうが、フレキシブルですし、感度がするどかったりするので、大企業も学ぶ事が実は多いのでしょう。小さい企業は失敗を恐れない勇気はありますが、本当は少々の失敗をしても大丈夫なのは大企業のような気がします。。。

アイシティに関しては
http://www.icitylondon.com
を御参照ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中