生命科学者を引きつけるスピーディーな成功

生命科学の分野で起業をしようとすると、ハードルがものすごく高いということは、よく聞きます。例えば臨床試験に様々な法規制、高額な実験室、機器類、長期間の多額な資金...並ならぬ忍耐力と、資金的な援助、そして大きな志がないと、くじけてしまう。。。私のまわりにも生命科学者が何人かいますが、自分が稼ぐというより、自分の実験の為に高額なものが必要で、研究が続けられることがなによりも幸せという、感じのタイプが多いような気がします。ただ、結果がなかなかでにくいものだと、モチベーションを保つ事が難しいかもしれません、特に若いうちは。

生命科学者を引きつけるスピーディーな成功

ボストン グローブ紙 10月2日

要約

栄誉ある科学賞を高校生の時、がんに関する研究で受賞して現在ハーバード大学の2年生であるNithin Tumma氏は生命科学の分野で将来を約束されたように思われる。
ところが 彼は2人の友人とアップルストアであっという間に製品とサービスを売ることができるアプリの開発の面白さを発見してしまった。そして今彼は消費者技術の分野に将来を見据えている。 ”IT 分野のスタートアップのスピード感が生命科学より、魅力的です。研究をすることは好きですが、時間がかかるし、プロセスが困難です。”

リターンが早いということが、Tumma氏のような賢い若者を 商品が一晩でできあがるような ITの世界にひきつける。世界の健康問題を解決する為に、長期にわたる投資が必要な研究と臨床試験をしなければならない生命科学者の間で、ある種のねたみが生じている。

Johnnes Fruenhauf氏は2006年にケンダールスクエアで生命科学関連の会社を始めたときの不満を覚えている、一年目は実験スペースをみつけ、機器を買い、必要な許可を得るために過ごした。近所にあるケンブリッジイノベーションセンターではIT関連のスタートアップが、短期間で成功していくのを嫉妬を感じながらみていた。
” 彼らは、クラウドスペースを買い、ケンブリッジイノベーションセンターでテーブルを借りて、ラップトップを買って、始められるんだ。 本当の会社、製品、売り上げ、成長も全て少ない資本投資でしかも短期間で手に入る。 ”

現在、Fruenhauf氏とパートナーのPeter Parker氏は生命科学関連の会社の為に初めて 低賃料の実験室や、起業家の研究をスピードアップするのを助ける共用スペースをケンブリッジに作っている。1200万ドルの(12億円相当)施設はLabCentralと呼ばれ、来月オープンする。
ケンブリッジイノベーションセンターのトップのTim Rowe氏が創立メンバーに入り、マスチャレンジのCEOのJohn Harthorne をボードメンバーに迎えている。
Fruenhauf氏曰く、”これは全く、新しいモデルになります、ここに入る会社と今そこにあるIT企業とを近ずけるのです。”

一方、生命科学の分野の投資で その寛容さ、で有名なベンチャーキャピタル会社のThird Rock Venturesは、常に資金の心配をしていることはイノベーションを遅らせると思っていることから、通常この分野では、500万ドルから1000万ドルの資金融資をするところを2500万ドルから4500万ドルを一気に融資する。その御陰で、Third Rock Venturesが融資している会社はマサチューセッツ州においては早く株式公開ができる。
Third Rock VenturesのパートナーのStarr氏は”それでもこの業界の起業家に必要な資質は忍耐力です。” といっている。

LabCentralは500万ドルの資金をマサチューセッツ生命科学センターから、700万ドルを民間のジョンソン アンド ジョンソンとノバルティスからバイオメディカルの研究の為に得た。スータートアップの賃料は一人5万ドルになる予定で、これは通常自分で買わなければならない機器を レンタルできると考えると 相当安い設定である。始めに入居予定の会社の一つはVaxessという会社でワクチンを冷蔵せずに遠隔地に運ぶことができる技術を開発している。ワクチンのシステムの背後にある科学は、10年以上も前から開発されているがVaxessは製品ができるまでに更に 4−6年必要だという。VaxessにとってはLabCentralのような場所がなくては資金が足りなくなる。

一番始めに出てきたTumma氏は2人の友人とハーバード イノベーション ラボのスペースと、かき集めた2万ドルの手元資金で、現状十分だと言う。
彼らの計画はオンライン上の小売業者の為のマーケティングツールのアプリを 作ることである。
数学とコンピューターサイエンスを勉強しているTumma氏はしばらくは新しい挑戦をするがまたいつか、生命科学のところに戻ってくるかもしれない。”自分がやっていることをすぐにかえられる能力が気に入っているので、今はIT分野に傾いていますが、2、3年後は又 考え直すかもしれませんね。”

以上が要約になります。

LabCentralの面白い点は、IT企業が多いケンブリッジイノベーションセンターのそばにあるということです。しかもトップも同じような顔ぶれなので

生命科学+IT =新しいタイプのサービスもしくは製品

が生まれそうな匂いがしますね。こうやって一つの成功モデルが他と、くっついてまた、新しい市場を作っていく力があること、そしてそれを支援する資金調達ができることがボストン界隈の魅力だと思います。ベンチャーキャピタルの層が厚く、一つの会社だけでは支援できなくても、横の連系もうまくっている。以前投稿した、ベンチャーキャピタリストとピッチイベントにも書きましたが、このあたりの、コミュニケーション力も学ぶ事が多そうです。

**ケンダールスクエアはMITがある場所です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中