ボストンビール会社が販売する、ビールではないヒット商品

サミュエル・アダムズ (ビール)はボストンビール社のビールブランドで、アメリカ最大の地ビールとして人気があります。
そのボストンビール社が発売したハードサイーダー(アルコール分が0.15%を超えるサイダー)の人気がでているという話がボストングローブの10月18日の記事にありました。個人的にはあまり、アルコールがのめないので、ビアホールにいって見た目はビールのようだけど、実はリンゴのサイダーというは女性にとっては、とてもうれしいです。

アルコールに対しての規制がとても厳しいアメリカでは、(マサチューセッツ州はそうでもないほうだと思いますが)、場合によっては、バーで飲むときもIDをみせて年齢を確かめられます。私なんてどうみても、未成年に見えるはずはないのですが。。。

ボストングローブ紙 10月18日

この一年のボストンビール社のヒット商品, それは ビールではない。アングリーオーチャードサイダーだ。去年、発売されて以来ハードサイダーのなかでは全米で一番人気になり、小さいながらも急成長しているハードサイダー市場の40%を占めるに至っている。ハードサイダーは約1000億ドルのアメリカビール市場のうちで1%にもみたない、ニッチな市場である。しかし、あるアナリストは何年か後にはこれが 3%くらいになると想定している。ハードサイダーの生産量は2011年から2012年に60%も増えている。この急成長がビール産業の主要会社を引きつけている。

世界最大のビールメーカーアンハイザー・ブッシュは5月にサイダーシリーズをだしたし、米国第2位のミラークアーズは去年、カリフォリニアにある、クリスピンハードサイダーを買収した。ビール産業のアナリストのTomas Mullarkeyは ”世界の大きなビールメーカーは新しい飲み物にとりかかって、他の顧客層を取得しようとしています。”

アングリーオーチャードのりんごはイタリアのサウスチロル地方のものである。長い日照時間と、強い日差し、涼しい夜をすごしたリンゴはアメリカのリンゴとは違う酸味がある。そのリンゴは何世紀ものあいだサイダーの為のリンゴを栽培してきた果樹園があるフランスのノルマンディー地方やブリタニー地方のリンゴと一緒にされる。味と同じくらい大切なのは名前と、梱包、広告やラベルである。

アングリーオーチャードは数種類のサイダーをだしている。トラディショナルドライはイギリスのサイダーのようである。一番人気のクリスプアップルバラエティーはもっとフルーティーで甘く ワインのソーヴィ二ヨンブランのようだ。季節のシリーズである、サマーエルダーフラワーもとても人気がある。

ビールは主に男性の顧客向け多いが、アングリーオーチャードの顧客の半分は女性である。2015年までにアングリーオーチャードサイダーの売り上げはボストンビール社の売り上げの20%にまでなるだろうと予測されている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中