将来のスターになるかもしれないスポーツ選手に投資をしよう 

すごいなあ、この考え方。というのが私がはじめにこの記事を読んだ時の感想なのですが。スポーツ選手に金銭的な価値をつけ、株にして市場で売り出す、ようするに、スポーツ選手の将来性に投資する、一種の先物取り引きになるのでしょうか。
その選手が最終的にそれで得をすればいいのですが、間に入った業者だけが、結局得、するなんてことにならないことを願います。。。

ボストングローブ紙 10月18日

スタースポーツ選手の一部をファンとわけあうことがスタートアップの狙い

もし、もっと若い頃のレブロン・ジェームズ(バスケットボール選手)やロジャー・フェデラー(テニス選手)、ペイトン・マニング(アメフト選手)に投資していたら…その想像を次世代のスーパースターの為にかなえようとしている新しい会社がある。10月17日、ファンテックスホールディングスがプロのアスリートへ投資する 投資家の為の 市場をオープンする事を発表した。シリコンバレーや、ウォールストリート、スポーツ界の著名人達のサポートを受けているこのスタートアップはスポーツ選手のブランド価値と成績に連動した株を作るつもりである。はじめのIPOはヒューストンテキサンズのプロフットボール選手Arian Fosterの予定だ。彼の株を買うと、Arian Foster の将来の経済的成功、(出演料や契約料を含む)に連動した利子がもらえる。共同創業者のBuck Frenchによるとファンテックスホールディングスはアメリカンフットボール選手だけでなく、他のスポーツ選手やポップシンガー、またハリウッドの俳優も対象の視野にいれている。

ファンテックスでは投資家が口座を開設し、資金を入金して、Foster株の買い付けを依頼する。1050万ドル分の株を売るつもりであり フォスターはそれで1000万ドルを手にする予定だ。
投資できるのは18歳以上で最低の投資額は10ドルからだが、年収5万ドルから10万ドルまでの人は7500ドルまでしか投資ができない。

ファンテックスは数週間以内に100万ドルの株を1株10ドルで販売する。沢山の人に買ってもらえるように一人1%以上は買えない。もし、需要が提供している株数より少なければファンテックスはこの取引をキャンセルする。でももしこれが成功すれば、今後はファンテックスのみでフォスターの株は取引される。フォスターがもし試合でいい成績をのこし、彼の収入が増える可能性があれば、もしくは企業のスポンサーが増えれば取引される株式量は増えるであろう。ファンテックスは買い手と売り手から1%のコミッションを得る予定である。

以上が意訳になりますが、人に投資をする場合、その人が引退したらどうなるのでしょうか。もし調達した資金を使って他のビジネスを始めた場合、その人の価値は更にあがるのか、それともスポーツ選手としてのその人のみが投資対象になるのか。まだ正直よくわからない、点があります。

“ 高校生に金融教育 “の記事にもありましたが、スポーツ選手が早く引退することで、金銭的なトラブルを抱えるという問題は少し解消はできるのでしょうか。
若く引退するスポーツ選手が第二の人生を歩むために資金調達ということが可能になると、いいですね。
スポーツ選手がこれで自分のスポーツに集中できるのか、スポーツ選手の金融リテラシーといういうものがますます必要になってくる気がします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中