世界の問題をボストンから解決しようーソーシャルアントレプレナーシップ

ボストンのいいところは、アメリカの中でもかなりインターナショナルなところです。ハーバードやMITを始め、沢山の大学があり、エンジニア、学生、研究関係者が沢山いるという理由もあり、私が住んでいる地元の小学校で通っている生徒の国籍を数えてみたら、20カ国近かったと言う事を聞いたことがあります。そういうわけで、国際問題を解決するような、ソーシャルアントレプレナーシップの考え方も自然とでてくるのでしょう。

そんなボストンで、世界的な研究をサポートしようという集まりがありました。

ボストングローブ紙 11月4日

先週マサチューセッツ州立大学で行われたIDEAS Boston conferenceでは、3Dプリンターの話から、シーフードを守れ、まで 幅広いアイデアが集まった。

プレゼンターはSeeding Labs(使われなくなった実験室の機器を集めて、発展途上国に贈ることをしている)の創設者、Nina Dudnick やBounce Imaging (兵士や警察官が危険地域に行く時に使える、野球ボールサイズのカメラを作っている)の創設者のFrancisco Aguilarだ。

去年は Seeding Labs はケニヤより6人の科学者をよんだ。そのうちの一人の化学者である Mildred Nawiriは西アフリカにある土着の野菜がどうやってがんを予防するのかを研究している。

Nina Dudnickはその野菜はアメリカでは育たないので、研究はアメリカではできない事を指摘した。
でも、この研究は最新の機器がなければ、続けられない。Seeding Labsがサポートする前は西洋の化学者が1800年代に使った技術を使っていた。

”このような才能を持っている人はどこにでもいるので、がんのような問題は国境をこえて取り組むべき問題です。”

一方 Bounce Imagingは エクスプローラーと呼ばれる野球のボールのようなカメラを作り、兵士が行けないような危険地域にそのボールを 投げいれると内蔵された6つのカメラが何百ものイメージ写真をとってくれる。そして、その写真をつなぎ合わせて360度の景色がわかるようにするソフトウエアもある。
マイクもついているし、危険な化学物質を見つけるセンサーもとりつけられる。
似たような機器はすでにあるが、発展途上国にとってはもちろんのこと、地元の警察にとっても高すぎるし、操作も難しい。

Bounce Imagingのゴールはその球体状の機器を約700ドルで提供できるようにする事だ。警察署が沢山購入したとしても高すぎないように。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中