小児科医が考えるメディアとのつきあい方

小児科で ”子供の寝室にテレビをおかないでください、もちろん両親の部屋にもです”、といわれたことがありましたが、今時テレビじゃなくて、ラップトップとかiPadのことじゃないの?と思った覚えがあります。タブレットのいいところでもあり、悪いところでもあるのが、持ち運びができること。それらのものと、一緒に成長している、今の子供たち、子供の問題以前に 親のほうのコントロールが問われるところです。教育現場にも浸透しているIT機器、使用加減というのはどの程度が適切ラインなのでしょうか。

米国小児学会が指針を発表しました。

USA Today 10月28日

テレビやスマートフォン、コンピュータやタブレット、そしてあらゆるソーシャルメディアが、アメリカの子供やティーンエージャーに大きな影響をもたらしているのに、たくさんの家庭では子供のメディア使用について規制をしていない。しかし、子供たちの健全な育成のためにもその方針を変えるべきだ、と国で一番大きな小児科医団体が忠告している。

10月28日付けで米国小児学会は、親がメディア使用計画を作り、その中でメディア使用は量の観点からだけでなく、質やメディアの使用場所、食事中やベッドタイムでのルールをきめること、そして、寝室にメディア機器をおかないように奨励する方針を発表した。この団体は全てのエンターテイメントスクリーンの使用一日2時間未満にすること、2歳未満にはスクリーンメディアの使用を推奨しない提言をしている。

ノンプロフィット団体のコモンセンスメディア による最近の調査によると、8歳以下の子供達72%がなんらかのモバイル機器(ゲームをしたり、ビデオを見たり、アプリを使ったり)を使った事があり、そのうち、17%がほぼ毎日使っている。

ニューメキシコ大学の小児科Strasburger教授は ”沢山の親が子供のメディア使用について無知であり、どうやって適切にコントロールしていくのがいいのかわかっていないというのが心配です。子供達は学校にいる時間より、他の活動時間よりメディアと長く過ごします。メディアが学校や親よりも子供達に何かを教えることの主体になりつつあることについてもっと議論されるべきです。両親や小児科医、学校、研究機関、エンターテイメントや広告産業、政府と、ともにこの問題についてもっと取り組むべきです。連邦政府は今ほどインターネットや携帯電話が普及する前の1982年以来、子供とメディアについてのレポートをかいていません。”

調査結果によると、
• 平均的な8歳から10歳の子供達は、一日8時間はあらゆる種類のメディアとともに過ごす。
  それ以上の年の子供達は11時間以上にもなる。

• テレビを子供の部屋におけば、子供はテレビをもっと見る。71%の子供達は(ティーンエージャーを含め)テレビを寝室にもっている
  50%は部屋にビデオゲームがある。

• 84%のティーンエージャーとほとんどの子供達が常にオンラインにいる。12歳から17歳の75%が携帯電話をもち88%はテキストメッセージを
  使っ ている。

メディアの過度の使用は肥満、睡眠不足、学校での問題、素行問題を引き起こす関連性が指摘されてきた。
しかし、重要なポジティブな面もある。メディアは学術的なものや、人種や民族に対する寛容性であったり、対人関係に関して教えるのにも役立つ。

Strasburger教授は “メディアはいいものでもあり、悪いものでもあります。非常にいいものもあるので、年齢にあったものを探す事と、ティーンエージャーが不適切なものにアクセスするのを制限することです。それにしても、親は子供達がメディアの津波に直面していることを認識すべきです。”

コモンセンスメディアのJim Steyer氏は、新しいデジタル機器は、持ち運びができ、子供たちのメディア使用をコントロールをするのを更にむずかしくしているという。

米国小児学会がうちだした方針の中で、他に推奨していることは、

親には:
• 子供達が選ばれた健康的なメディアをみるということを学べるように、メディアの効果的な使い方をモデル化しましょう。
 子供達と一緒にテレビや映画、ビデオをみることで子供達のメディア教育に積極的に関わって、重要な家族の価値について話し合いましょう
• 子供達がどのメディアを使い、アクセスしているか、どのウエブサイトやソーシャルメディアを使っているのかも含めて, 監視してください

小児科医に対して:
•  子供の健康診断の時、子供がどのくらいメディアを使っているか、また寝室にデレビやインターネットが接続されているかどうか聞いてみてください
•  肥満や喫煙、攻撃性が高かったり、学校での問題がある子供の詳細なメディアの使用履歴を調べてみてください。

以上要約です。

確かに、バギーにのってiPadしている子供、レストランの子供いすの上でiPadしている子供をみかけます。一昔前はこれがDSだったのですが。。。今では大人のほうが収拾がつかなくなっているのかなあという気がしますが。
それにしても一日2時間の使用って、学校で使うだけで、へたしたらそれくらいいってしまいそうです。家に帰ってきて、更に調べものをしたら、時間切れ。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中