起業したい人は大学に行く必要があるのか?

起業するのに大学に行く必要があるのか、そもそもなぜ大学に行く必要があるのか、という問題です。

ボストングローブ 10月10日

MITで行われたイベントでPayPal(オンライン決算システム)の共同創始者Peter Thiel 氏は、起業家にとって大学にいくことはお金の無駄であり、学校をやめてさっさとビジネスを始めたほうがいい、と発言した。

億万長者のPeter Thiel 氏は自分の資産を使って、聡明な若者達に10万ドルを出資し、大学をやめてサンフランシスコにある彼の機関で、革新的なアイデアのために働いてもらう。

Thiel フェローシップは定期的にトップスクールにスカウトにきている。2011年以来、62人のフェローが選ばれその3分の1はニューイングランド地方の人達だ。そこには、MIT, ハーバード、ダートマス大学、そして高校を卒業していない学生も含まれる。Thiel の代理人は1000人の学生がMITと国中から集まるMITのハックイベントにきていた。

Thiel フェローシップ の共同創始者のJonathan Cain 氏は ”一番いい学びは教室に座っている事ではなく、何かをすることで学ぶ事だ”
と、イベントの最初にスピーチした。

のちの、ボストングローブ紙とのインタビューで彼は、“私がいいたいのは、世界を変えるために伝統的な道を通らなくても、いいということです、しなくてはいけないのは、何かを起こす事です。”

Thiel フェローシップ はハックMITのスポンサーでもある。このイベントはMITの学生のグループで組織されて大学が、運営しているわけではない。
MITの広報はThielのプログラムがはいっているということも、グローブ紙がコンタクトするまでしらなかった。

MITの有名なアントレプレナーシップセンターの、スタートアップの世界ではグルでもあるBill Aulet教授はThiel氏のスピーチにあっけにとられた。
”彼らは、これらの教育機関を利用しているのに、そんなものは必要ないというのか。”

Aulet教授は ”Thiel氏はスタンフォードで哲学と法律の学位をもっているのに、他の人には教育が必要ないというのでしょうか。”といい、
MITの事務長のMartin Schmidt氏は、学生は学校にいならがらにして起業家として成功することもできる、とシンプルにコメントした。

”教育と起業は相反関係にあるというわけではありませんよ。MITで教育をうけた起業家が長期的に成功しているのは、現実の世界の機会や問題にもとずいた厳格な教育をうけているからです。”

Thiel氏はシリコンバレーの中だけの有名人ではない、フェイスブックの初めての外部投資家であり、50万ドルの投資を株を売る事で、10億ドルにした。
政治的にも活動をしている。
学歴もあり、母校スタンフォードでスタートアップの授業をしていても、 Thiel 氏は大学の学位の価値に疑問をもっており、“エジュケーションバブル” で学生や親の負債の負担がふえることを懸念している。

”職業訓練をうけても、今時、すごくいい給料がはいるよ、配管工の平均給料って、医者の平均給料と同じくらいだ”
去年 “60 Minutes’’のインタビューで彼は言っている、”みんな、もっとどうして、大学にいくのかについて考えたほうがいいと思う”

フェイスブックもアップルも、マイクロソフトの創始者もみんな大学を卒業していない。

彼は、年間20歳以下の学生20人までをフェローにしている。MIT, ハーバード、そしてダートマスとキャンパスを巡り、ネットワークを使って学生とのミーティングをしている。

フェローシップは学生のグループにビジネスのアイデアの実現の為に2年間で10万ドルを渡す。その間、起業家や、投資家、専門家とともにアイデアを磨いていく。2011年に始まって以来、1ダース以上のスタートアップが事業を興し、その中にはパーキングスペースを探すアプリや、薬を飲み忘れないようにするアプリも含まれる。

ハックMITを手伝っているMITの大学生は、”フェローシップは学生にとっては一つのオプションです、別に彼らのメッセージを支持しているわけではありません。”という。

実際、ハックMITは野心的で意欲のある若者をとらえるのとを引き換えに、30時間プログラムのコードを書き続けるためのコストを負担してくれる50以上のスポンサーマネー、グーグル、ツィッター、ベンチャーキャピタルをひきつけている。

これはThielとMITの初めてのもめ事ではない。2011年の時点でフェローになった学生は二人いた。MIT の入学管理責任者の Matt McGann氏はその二人にお祝いのメッセージを送っている。”2年後に戻ってきても、こなくても、上手くいくといいですね。”

以上が要約です。

大学を批判している割にはわざわざトップ大学から学生をリクルートするというのは、どうなのかな、とは思いますが、個人的には大学行くのと、行かないで、起業するの、どっちもありかな。もし、自分がこれだ、って思うものがはっきりしなければ保険の意味でも大学にいったほうがいいと思います。特に社会を生きる上でまだ人の基準というのが、学位とか資格なのかな、とも思うのですよね、彼だってスタンフォードをでて社会的な信用を得て、もしくは人脈を得て、ビジネスを成功させた、という点があるように思います。でも逆に、有名大学をでたからといってみんな成功するわけでもないので、それだけではたりない。

起業して上手くいかなくてまたMBAを取り直す人もいれば、とりあえず事業を始めてしまって上手くいってしまう人もいる、MBAにいったからといって、起業するわけでもなく、就職活動して、それでも思ったようなポジションをつかめない人もいますし。
ようするに、”起業”という観点からみるならば、大学やMBAというのは実は、始めから起業する力のある人のためのものではなくて、反対に、そこにいけば、誰でもある程度、最低限起業に必要な知識を得る事ができる、ということなのでしょうか。

先日スイスの連邦工科大学の学長が、大学に行きたいという人が増えているが、大学側は受け入れる人数の枠を増やすつもりはない、といっていました。理由は職業訓練制度が機能しているので、みんながそれぞれ自分に見合った職業をみつけるべきである、と。また、大学をでなくても、その道の勉強を続けていく中で、金銭的にもあまりかわらないか、もしくは職業訓練を受けた人のほうが上回る場合もあり得るからだと考えられます。

それにしても、選択肢があるっていうのはいいですよね、自分がやりたいことが明確な場合は。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中