男女間の給与の差

ワシントンD.C.にある、ピューリサーチセンターというところの発表によると、若いアメリカ人の女性の給料と男性(25歳から34歳)の給料は男性が100%だとすれば、女性は93%と、もらう額に差があまりなくなってきているということです。

又、32歳以下の女性は男性より大学に行く割合が高いのに、30代半ばの女性の時間給でみると女性の給料のほうが安いそうです。
理由は、
•30代半ばというのは、子育ての時期になり、キャリアを休憩しているひとが多い
•男女差別がある
•職業的なネットワークが弱い。
•昇進や昇級に対して積極的になれない。

実際、15%の女性は性差別があると答えています。この人たちは、同じ仕事をした場合、男性のほうが給料がいいし、簡単に管理職になれると主張しています。一方、政府でもビジネスでも高い地位に女性がつき始めています。
ところで、上記のピューリサーチセンターの調べでは、男性のほうが長時間労働する人が多いということで、特に管理職等の場合で、残業手当が出ない場合、時間給でみれば、女性のほうが高くなったりすることもあるそうです。

今週、GMの社長が女性になりましたが、フォーチュン紙が発表する、世界の1000人のエグゼクティブの4.5%しか女性はいないそうです。
ちなみに、この数字は2000年の時点では0.6%でした。この10年で7.5倍も増えたことになります。

日本の厚生労働省の調べで、平成24年の”学歴別にみた賃金”というのをみると、特徴は、男女で給料のピークが違うこと、(男性は50〜54歳、女性は65〜69歳)男性が一番もらうピーク時の給料が53万5千円に対し、女性のピークは42万5千円です。

ちなみに25歳から34歳をみてみると、男性が平均28万4千円もらっているの対し、女性は25万3千円、(女性は男性の89%の給料)また男性が一番もらうピーク時の給料が53万5千円に対し、女性のピークは42万5千円です。

学歴というものをみれば、確かに、高卒より、大卒のほうが給料がいいのですが、男女間でみると、やはり開きはありますね。また、産業別でみてもずいぶん変わってくると思います。
女性のライフスタイルというものを考えると、いい学歴があるから、常に給料がよくなるというのとは違うようです。
それでも、一般的に女性のほうがこつこつ勉強する方が多いので、これからもますます、女性の学歴というのは向上していくのではないでしょうか。

しかし、昨日の”理系の女性の管理職が少ない理由”、にもあるように、女性の管理職が少ないことも賃金に影響していると考えられますね。学歴が高いのに管理職になれない、という、パラドックスに女性の場合入りやすい傾向があるでしょう。そして、それは結婚や、子育てをどのタイミングで、どうしていくかにかかってくるでしょう。

ちなみに、生涯給与でみると、女性は男性の約74%の額をもらうようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中