試験がいやだから、爆弾予告?

今週、ハーバード大学では学期末試験が予定されていたのですが、月曜日、破片爆弾を4つの建物にしかけた、との、匿名のEメールがあり、試験を中断せざるおえない状況になり、学校がものものしい雰囲気に包まれました。すでに始まった試験は中断され、学生たちは急遽、教室から外に避難して、予定があった試験は延期になりました。ボストンマラソンの爆弾騒ぎが今年はあっただけに、そうとう警察当局はぴりぴりしていたようです。

しかし、月曜の夜には犯人が特定され20歳の学生が逮捕されました。そして、動機は自分が試験を受けたくなかったから、ということでした。
爆弾のいたずらは最高で5年の実刑、保護観察が3年、さらに罰金25万ドル、ということで、あまりにも高い代償のようです。
来週からは休暇が始まり、それぞれが家に帰ったり、旅行にいったりしてしまうために、他の学生や先生をはじめ学校関係者にも多大な影響を与えてしまいました。

いたずらの気持ちでするには、ちょっと度が過ぎています。人生にはあらゆる失敗がつきものだとは思いますが、こういう犯罪の失敗は一生に傷をつけてしまいます。どれだけ、がんばって勉強してきて、一流大学に入ったのか。本当に頭がいいってどういうことなのでしょうか?
こういうことが起こってしまうから、点数だけで、入学を許可するということが難しい、という話になるのでしょうね。
人間のバランス力の重要さを感じます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中