学校の成績があがっても論理的思考能力、問題解決能力が向上するとは限らない

2013年の12月11日に発表されたMIT Newsによると、MITの神経科学者がハーバード大学と、ブラウン大学の協力によって、ボストンにいる8年生(中学2年生)1400人を対象に調べたところ、一般的な学力をはかる、(一般知識の深さ・広さ、語彙力、言語・数字利用の理由付け能力)テストの点数が上がっても、流動的知性(それまでの知識に関係ない、新しい課題に対する論理的思考能力と問題解決能力)はあがらないということを発表しました。

最初の疑問は、社会、経済的に恵まれていない地域の子供達が大学に行くのを効果的に支援している学校は、子供達の成績を上げることで、流動的知性も向上させているのか、ということでした。
調査によってわかったのは、学校教育は一般的な学力をあげるためにデザインされており、成績をあげることは流動的知性をあげることにはならないということでした。そして、一生懸命勉強して、いい学生でいたとしても、流動的知性はただでは手に入らないという事実です。

流動的知性が学生のアカデミックなパフォーマンスを予測することを多くの調査結果が示していますが、そのような技術はあまりはっきりと教えられません。もちろん、知識を増やしていくことはとても重要ですが、研究者は、この調査結果によって教育政策担当者が流動的知性も強化することを考慮してくれるといいと、望んでいます。

いくつかの研究では、記憶力や集中力を高めたり、実行機能、帰納的推論(観察や実験から推論すること)に焦点をあてた教育的プログラムが流動的知性をあげるということを発見していますが、これに関してはまだどのプログラムが常に効果的なのかがははっきりしません。

この研究対象の学生は現在10年生(高校1年生)になっており、これからの学校での成績それから、どんな結果に発展するのか追跡調査をする予定だそうですが、又新たに、高校3年生を対象に、全米標準テストと流動的知性が大学入学と卒業 にどんな影響を及ぼすのかを調べていく予定だそうです。

アメリカの学校は日本よりは、考える教育、答えのない問題を議論する、ということがなされているように思うのですが、それでもこれまで以上に流動的知性を強化するということを研究者が薦めているというのは、それが将来的に職業、収入に与える影響が大きいと推測されるからでしょう。

普通の学力テストの結果でも学生の将来的な学術的な達成度、大人になった時の仕事、とその収入について予測できるようですが、私達は経験上、学生の時の成績が良かった人が必ずしも将来大成功をおさめるわけでもないということを知っています。では、逆に学生の時、全く勉強しなかった人がみんな、大成功をおさめているかといえば、これまたそういうわけではなく、知識をつけるということは、大きな失敗をしない為に、結局自分を守る事につながるのかな、と思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中