ティーンエージャーの蝶ネクタイビジネス

昨日はテック関連のIPO、今日はティーンエージャーの裁縫ビジネスの話と幅広く、同じレベルでとりあげてくれるのがアメリカの新聞の面白い点だと思います。1月3日のボストングローブで若者の間で蝶ネクタイが復活している話です。

父親はMITの教授である16歳と17歳の少年達は、若い起業家がハイテク技術をつかったアプリ開発をしているというのに、自分たちの手と母親のミシンを使って19世紀の正装である蝶ネクタイを作っています。実際、プロムに使うのにうけているようです。
彼らのスローガンは、”ほどよく時代遅れ” であることであり、”いけてる紳士は蝶ネクタイをする” と思っています。実際、ポップスターからスポーツ選手までパーティーシーンで蝶ネクタイが復活しています。メンフィスでも蝶ネクタイを作る11歳の子供がテレビ番組でも紹介されました。

通常、布か寄付された昔のネクタイでつくるのですが、綺麗でない物のほうがよりいいとのこと、一つ作るのに20分かかり、もし自分に時給を払うなら今は一時間3ドル30セント、それでもバングラディシュの平均賃金の26倍とのこと。

彼らは自分たちが普通ではないことを自覚しています。
もちろん、21世紀のビジネスモデルとしては厳しく、現状は手作りサイトEtsy でも販売中、 これからネクタイとヘアバンド、それからデパートへの進出も目指しています。
このサイト、jackandjacksons.comの、蝶ネクタイの結び方のビデオをみると、今時の子が作ったサイトだなあと、感心してしまうのですよね。(注:このビデオ出てこない場合もあります)できてる物が決して上品とか、高級っていうのではないのですが、ほとんど母親目線。僕たちがんばって〜と応援したくなってしまいます。(笑)プロムの為に、一生懸命手作りって、実は今も昔も変わらないんだなあ、と Pretty in Pink を思い出してしまう、あ、すいません、誰も知らない?

えーっと、実際、ボストンで初めて、呼ばれたレセプションのドレスコードが、女性がロングドレスで男性がタキシードに蝶ネクタイでびっくりしたのを思い出しますが、ある意味、ヨーロッパよりずっとフォーマルなボストン。アメリカの高校はプロムがあるので、ティーンエージャー達はおしゃれをしなければいけない(できる?)機会があります。

一方、ビジネスシーンではますますネクタイを見かけなくなり、カジュアル一辺倒。どこかでフォーマルに装うことで人はバランスをとるのでしょうか。男性のほうが凝り性の方が多いので、はまると意外といけるのかもしれませんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中