55歳からの起業

年齢があがるに従って、転職したくても、もしくは、解雇されて他の仕事をみつけたくても見つけられないという人が増えてきます。
1月8日のブルーンバーグの記事には、特に55歳をすぎると、転職市場も非常に厳しくなり、その頃解雇されてしまうと、なかなか次の仕事をみつけられず、起業する人が増えているという記事がありました。
Kauffman Foundation’s researchによると、1996年の統計では55歳〜64歳の間にビジネスを始めた人は14.3%だったのに対して、2012年には23.4%に増えています。理由の一つとしては、寿命がのびて、人が活躍できる期間がのびたというのもありますし、老後の蓄えを心配するというのもその理由だそうです。ベビームーマーたちは学歴も高いし、自信や意欲もあり、健康状態もいい人達が多い。

2011年の11月に発表されたサンフランシスコのEncore.orgの調査によると、44歳から70歳までのアメリカ人のうち1/4の人が、自分の会社、(プロフィットでもノンプロフィットでも)を持つ事に興味をもっているそうです。
リタイヤした人たちが多く住むフロリダで、最近労働省が提供したアントレプレナーシッププログラムには500人ほどの人が参加しましたが平均年齢は51歳でした。
50歳以上の人達は教育水準が高いですが、近年の解雇でもう自分は既存の会社の中では仕事を見つけられないと、感じています。
フロリダのアトランティック大学のリサーチパークにはテクノロジー系のビジネスインキュベータが入っており、そのうち30%ほどの会社が50歳以上の人達で運営されているそうです。

市場で自分にあった仕事が見つからないことを悪いこと、ととるのか、自分が独立するいいチャンスとみるのか、失業率が高い経済状況をビジネスを始めるには悪い時期とみなすのか、それともいい人材が市場にあふれていて雇用するにはいい時期、ととるのか、人は同じ立場にいてもどう状況をとらえるかでそれを、チャンスともピンチ、ともみなす事ができます。ただし、その状況をいいようにとらえられる為には、気持ちの上でも準備が必要。
人生は、不公平なものですが、万人に公平なのは、時間。歳は誰でもとります。大企業に勤めていようが、中小零細企業に勤めていようが、労働市場における”自分の商品価値”、というものを意識しなければならない社会になった、というのを感じますね。会社のせい、社会のせい、国のせいではなく、新しいことを始めるのなら、仕方なくではなく、喜んでしたいものです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中