脳トレアプリって本当に効くの?

脳トレのアプリは日本だけだと思っていたら、アメリカでもベビーブーマーに人気の高い商品だそうで、色々な商品があるらしいですが、専門家の間では、それが本当に有効なのかどうかは懐疑的でした。アメリカ国立老化研究所による全米2800人を対象にした実験についての結果、ある種の脳トレによる、効果というのは10年後まで、有効ということを1月13日のボストングローブでみつけました。

この実験では74歳の人たちを3つのグループにわけて、毎日60〜70分の脳トレー二ングプログラムを5、6週間うけてもらいました。

市場に出回っている大抵の脳トレはコンピュータ(機械)で行うものですが、この実験では
1つ目のグループには紙と鉛筆を使用し、文字と数字のパターンを使った推理問題にとりくんでもらいました。
2つ目のグループはコンピュータゲームでどんどん移り変わっていくスクリーン上で素早くイメージを区別するという能力をトレーニングしました。(情報解析のスピードをあげるためのトーレニング)
3つ目は記憶のトレーニング

1のプログラムを受けた人たちのうち、74%の人たちは10年たっても、能力は衰えていませんでした。
2つめのコンピューターゲームをした人たちの71%は10年後も同等レベル、しかし、記憶のトーレニングに関しては、専門家にもどうしてか理由はわからないのですが、トレーニングしても、しなくても結果は一緒、という結論でした。
又、この実験の参加者のうち60%は10年後も、買い物をしたり、お金のことを取り扱ったり、食事の準備をする事といった毎日の事に問題を感じていないそうです。

この実験で行われたテストの一つ、情報処理のスピードをあげるテストをPosit Scienceという会社が買い、プログラミングし直したバージョンを作りました。サイトでは無料のトライアルができるようです。(英語の練習にもなるかもしれません!)

この結果は痴呆にならないということではなく、脳トレには痴呆になりにくくする効果がある、ことが実証されたということになります。
寿命がのびて、早くリタイヤされた人が、健康なのに、頭がぼけてしまうと、周りも大変、という事もあるのでしょう。
実際に困るのは、認知能力や、情報処理能力が衰える事で、自立した生活が行えなくなり、介護費もかかるという点らしいです。

結果をみると、クロスワードパズルとか、数独というのは脳トレには最適なのでしょうね。鉛筆と紙を使うという部分がポイントです。ということは、数学の先生は頭がぼけないでしょうね。そのうち、デイケアセンターが塾のように、なってきたりして。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中