起業を教えるネットワーク

子供のころ、将来何になりたい?ときかれて、”ピアノの先生”とか、“パイロット”とか、“警察官”、とか考えてみると、ちゃんとした職業名をみんないっていて、そこで “サラリーマン” とかいう友達はあんまり、いなかったような気がします。それが歳を重ね、現実が見えてきて、とりあえず、大企業にいこうとか、商社ならいいとか、形というか枠を気にし始めると、一気に夢がさめてしまいます。 1月16日のボストングローブ紙には中高生にどうやってビジネスをするかということを教えるプログラムを提供する、ノンプロフィット団体、”起業を教えるネットワーク”(Network for Teaching Entrepreneurship programs)が紹介されていました。

ニューヨークシティを中心に活動するこの団体のプログラムは収入の低い家庭が沢山いる学校を対象に、子供達が将来のビジネスを思い描けるように学校のカリキュラムに組み込まれています。
プログラムでは、子供達に消費者になることだけではなく、仕事を作る側になれることを教えます。

17歳のKellamさんは(女子)、肉体的にも精神的にも障害を抱える子供の為のダンススタジオをあけるという、ビジネスを思い描いて、”起業を教えるネットワーク” が開催するピッチコンテストにでて50ドルの賞金をもらいました。
この子は、自分の母親が障害を持った事で、苦しみながらもダンスを通じ自信を取り戻すのを見て、障害を持つ子供たちがダンスを通じて友人を作る事ができるようにこのアイデアを思いついたそうです。この他にも、乳ガン患者を支援するために、ケーキをやいて、利益の10%を乳ガン財団に寄付するというもの、タトゥーを作るアプリの提案など、新聞にでている例ではビジネスアイデアの裏には子供ながらに心を動かされる何か別のストーリーがあり、それを原動力に事業計画を進めています。
ある意味、金銭的な欲がないので、まわりもつい支援したくなるのでしょう。
”起業を教えるネットワーク” が開催する今年度後半に行われるナショナルピッチコンテストでは1位の賞金は25000ドルになる予定です。

ABCネットワークの番組にシャークタンクというリアリティーショーがありますが(日本のマネーの虎のような番組)そのショーでは、資金調達をしたい、企業が数人の投資家の前でピッチをし、投資がもらえるか、どうかをきめます。とても面白い番組だとは思いますが、なんだかとても残酷なショーのような気もします。お金を出す変わりに、株式比率を60%にしろだとか、金利40%で貸す、とか、何万人の見ている前で、人生最大の(?)決定をしなければいけないかもしれない、このショー見てる方もドキドキです。投資家達の中には人相の悪い人もいたりして、まさにシャーク。人食いさめの餌食になってしまうのか?という現実的な怖さもあります。面白いのは、クッキーを作って売る人達やアクセサリーを作って売っている人にも同じように投資を受けるチャンスがあるということ。実際、ものすごい特許もある発明に、投資がこず、革細工のアクセサリーを作っている人が投資をうけたりすることもあり、投資家がお金の流れをどうみているか、というもわかります。ある投資家が、2〜3分のプレゼンで ”あなたのことが好きになれないから、投資しない” といっているのをみると、会ってすぐ人を魅了する力というのも、一つの才能だと思いますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中