トラウマを消す方法

サイエンスフィクションが現実になりつつあります、少なくともねずみの実験では。

ここ数年のMITの実験成果は、別の記憶をうえつけたり、本当の記憶を再生させたりすることでしたが、薬と行動セラピーで以前に起こったトラウマを消し去る事に成功した、とMITの科学者が発表したことが1月17日のボストングローブにありました。

この研究はまだ人に活用できるものではありませんが、どうやって記憶が形成され、維持されるのかという質問に対する新しい洞察をなげかけるものであります。
MITのピカワー学習・記憶研究所の所長である、ツァイ先生はもともとアルツハイマーの研究をしており、2007年に失った記憶を再生させる試験薬を特定することに成功していましたが、それが心的外傷後ストレス障害を抱える人達にも使えるのではないだろうかと考え始めました。
ツァイ先生のグループは学習と記憶に関係する遺伝子を活性化するHDAC抑制剤と呼ばれている合成物の種類から治験薬をためしました。
心的外傷後ストレス障害を抱える人の治療で安全な状況下でひどい記憶を新しい経験で書き換えるというやり方がありますが、これはいつも機能するとは限りません。そこでツァイ先生は薬がこの有害な記憶を書き換えることができるのか考えました。
記憶喪失の場合にこの薬を使う場合は、長期間の使用になるので副作用が心配されますが、恐れのようなネガティブな記憶を消すのにはその心配はあまりなさそうです。

2013年にスイスローザンヌ工科大学のバイオ、ニューロエンジニアリング関連の大きな研究所(ヒューマン ブレインプロジェクト含む)がジュネーブにできましたが、そのイベントのスピーチで学長がこれからは、脳の時代になる、と発言されていましたね。(ローザンヌ工科大学というのは英語圏でない工科大学の中では世界トップ3に入る大学で、その影響力もかなり高い大学です。)

確かに、脳の研究というのはこれからますます進む分野なのでしょう。友人の、ニューロサイエンティストに ”人って考え方を変えたりすることで病気を治したりできると思う?”ときいたところ、”そういうことはあると思う、それが今、科学的に証明されようとしている過渡期だから、実際、病院には瞑想できる所とか、ヨガができる所があって、私達が自分たちで実験して効果を確かめているの。私は太極拳に興味があるけど” と冗談か本当かよくわからない答えがかえってきました。
今までは、スピリチュアルな部分と、科学がずいぶんかけ離れた場所にあったような気がするのですが、これからはこの差が縮まってくるのかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中