進む大学のイノベーション教育

何十人ものノーベル賞受賞者に数々の発明の手助けをしてきて(例えば、ラジオにレーダー、近代ロボティクス、バイオテクノロジー等)有名卒業生としては、財務長官、イスラエルの首相、宇宙飛行士と数えきれないほどの有名人をかかえるMITが不十分であると感じているものは何でしょう?1月26日のボストングローブには新たな取り組みをし始めたMITの話がありました。

MITは隣にあるハーバード大学だけでなく、スタンフォード大学や世界中での大学競争に直面しているという自覚があります。事実、ハーバードはイノベーションキャンパスとビジネスパークを建設中ですし、シリコンバレーのスタンフォード大学では学生がどんどん起業して、何人も億万長者が生まれています。

一方、MITはつい最近までリサーチと教育の他はイノベーション分野に関しては特に何もしてきませんでした。
そこでコンピュータチップを作っているアナログデバイセズ社の共同創設者ステイタ氏や、Dropboxの共同創始者のヒューストン氏のように成功している有名な卒業生と学校関係者の助言でライフ学長は21世紀における技術革新と起業のリーダーをキャンパスで育てるプログラムを始めました。

アイデアをどうやってビジネスにするのか、というブートキャンプにエンジニアの学生が参加することで、単位がとれることになりました。
Start6と呼ばれるこの2週間半のプログラムでは50人以上の学生が集まり、20のテック企業やベンチャーキャピタルが投資家と契約を交渉することで成功する商品を作ることについて論じます。学校側としては、このような機会を学生に与えて、起業に関して学んでもらいたいと思っています。
学部生や、ポスドクの為にもコースを用意して、起業に必要な知識を養ってほしいという、背景があります。
又、10年前には、アイデアを現実にする機会が限られていましたが、イノベーションの為に新しい建物をたて、学生や教授、講師、卒業生達がみんなで、アイデアを出し合い、インスピレーションを現実のものにしてもらうスペースを作ろうとしています。

起業を研究するNPO法人Ewing Marion Kauffman Foundationの調べによると、MITの卒業生は約26000の会社を作り、300万人以上の雇用を生んでいるといいます。それでもまだポテンシャルはあるとの分析です。

米国内だけでなく世界中の大小様々な大学がイノベーションと供にスタートアップの世界に進出しており、コーディングに関する新しいコース、ビジネスプランの書き方、会社を始めたい学生が資金調達できるようにサポート等をし始めました。25年前には数百の大学が起業関連のことを提供していましたが、今日ではほとんどどこにでも何かしらあります。

学長による、新しいイニシアティブの目的は、MIT卒業生をもっと起業家に育てるためのもので、MITの人達をエンジニアとしてだけでなく、ビジネスができる、エンジニアにしようという動きです。

MITにはスローンスクールというビジネススクールがあります。これはエンジニアだけでなく、様々なバックグラウンドの人がビジネスを学ぶ為にくる所ですが、ビジネススクールにわざわざいかなくても、本来商売はできるわけで、勉強したことを、実践してお金に変えるという流れはこのままどんどん加速しそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中