アメックス、ペイパルPayPalに続く新しい決済方法は何になる?

最近どうやって支払いをしたでしょうか?ウェブサイトでクレジットカードの番号をタイプしたか、店でカードを出してサインをしたか、暗証番号をうったか、至って簡単に見えるこの処理ですが、この作業一つでもっと他の情報も処理できないのか?2月9日のボストングローブには新しい決済方法に関しての記事がありました。

ここのところ、決済方法を変えようという流れが沢山生まれています。
昨年は6つのボストンのローカルのスタートアップが支払い技術を開発する為に、5500万ドルの資金を調達しました。

ホームバンキングができるようになるのに15年かかり、オンラインペイメントには5年かかったそうですが、今日だれもがスマホをもつ時代になり、ずっとはやく新しい、支払い方法が確立しそうだと、決済関連の製品を作る会社に投資をしているベンチャーキャピタルはいいます。商業取引の手数料に関するビジネスをするのは大きな機会を生みます。例えば数兆円単位の取引総額があると1%の手数料だとしても相当の金額になるわけです。

そんな中、ボストンで注目のスタートアップを紹介します。
ArgoPay
地元の起業家でありArgoPayを作ったIgor Ostrovsky氏はカード発行人の信用リスク方針を作成しているCapitalOneで、かつて働いた統計学者ですが、ボストンの近郊に3つのワインショップを経営しています。クレジットカード決済は通常は取引の度に、2.5から3%の手数料を支払いますが、スマホに入っているArgoPayシステムで支払うことは現金と同じで取引手数料はかかりません。そうすることで、店が顧客にそのアプリを使ってもらうようにするのです。ただし、店がマーケティング用のプログラムを契約した場合は手数料を払う事になります。このサービスは今月から数店舗で実験的に始まります。ユーザーの預金口座から直接引き落とすので実験段階では100ドルの使用制限がつきますが、順次信用枠を広げていく予定だそうです。

Loop
これは特別の装置でカードの磁気のデータを読み取らせて情報を携帯にいれて、沢山のクレジットカード、ショッピングカードを持ち歩かなくても、携帯で支払ったりポイントを使えたり、ためたりできるシステムです。

Plastiq
学費や家賃、税金のような高額な費用をクレジットカードで払えないことに驚いたハーバードの学生が立ち上げ, 2%の手数料を販売側が払うのではなく、支払い側が払うシステム。

Leaf
グーグルやアンドロイドのオペレーションシステムを使ったタブレットコンピュータで小さな会社や商店でもクレジットカードが使えるようにしたもの。サービスは月額50ドルでタブレット代は250ドル。同社はソフトウェアを開発していて、セールスの分析、会計まで取り扱うソフトウェアを開発予定。

アメックス、ペイパルPayPalに続くのはどの会社か、競争が激化しています。スマホの普及で、お財布という機能だけでなく、支払いのスタイルも今までとは違うものになってきています。

1950年にダイナースクラブのクレジットカードが生まれてからすっかり私達の生活にカードが定着しましたが、スマホが普及して、決済方法もあらたな局面を迎えつつあります。

お問い合わせ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中