核のゴミを減らす新しい方法

東京都知事選がおわりました。沢山の都民の方は難しくなりつつある、領土問題や、災害に備えた都市作り、またオリンピック、そして原発か反原発かという点も含め、色んなことを考えたこの1ヶ月ほどだったのではないでしょうか。
その中で原発に反対する人達の大きな理由の一つに、核のゴミをどうするのか、という問題があります。福島の事故のあと、ヨーロッパでは原子力に頼るのをやめる、ときめた国々がいくつもあります。しかし、新しい、原子炉を作らなくても、今までのゴミがなくなるわけではありません。

核のゴミを減らすような仕組みを考えたTransatomic Power という会社があります。
この会社のCEOはE Incというキンドルやヌーク、ソニー等の液晶画面を作ったRuss Wilcox氏なのですが、彼は実は東日本大震災の時に日本にいたそうで、あの原発事故がこのTransatomic Powerという会社を作るにいたって、大きな影響を与えたようです。

彼はハーバードで勉強したのち E Inkを立ち上げ、2009年に会社を4億5千万ドルで売ってしまいました。そして、MITで原子力技術を学んだ2人とともに、Transatomic Powerをたちあげました。

原子炉からでる核のゴミは高い放射性物質による環境への影響が数万年以上続くと言われていますが、今すでにある核のゴミを使って、ゴミそのものを減らし、さらに高放射能も数百年ほどにするリアクターをTransatomic Powerという会社は作ります。
ちなみにこのリアクターでは今アメリカにある核のゴミからアメリカが必要とする100年以上の電気を作れるとの事。
従来の原子炉では約3−5%のエネルギーしかとれないのに対して、この会社のリアクター場合、残りの96%のエネルギーを使って電気を作る事ができるそうで、それによって核のゴミ自体を大幅に減らして、更に高い放射能を300年程度にすることができるそうです。この溶融塩原子炉は実は1950年代、60年代70年代にも実験されたとのことですが、この新しいバージョンでは原子炉をよりコンパクトにして、他のデザインより安いコストで電気を発生させられるそうです。

ゴミをへらすといっても、数百年、、、。この技術が全ての問題を解決するとは思えませんが、新しいエネルギーもしくはよりクリーンなものを作るまでの間にゴミを減らすために使用していくという可能性はありそうです。

個人的にはこれからはますます、サステナビリティということを考えていかなければいけないと思っていますし、結局人は自然に生かされているという事を感じます。
そして、福島の事故を通じて私達はますます世界はつながっているということを、実感したのではないでしょうか。
例えば、中国は現状14の原子炉があり、27が建設中で51が計画中で120が提案中、ということは、もし全部できれば212にもなるそうです!しかもほとんどが東海岸部に集中しています。(日本側)そしてそれらは何らかの形で、日本に影響を及ぼすものだと考えられます。
事故を通じて、色んな意味で影響を受けたのは日本以上に世界のような気がしてきました。

お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中