夫より妻のほうが高い教育を受けている夫婦が多い、というデータ

アメリカにおいて、今までは妻よりも夫のほうが高い教育をうけている夫婦のほうが多いというのが普通だったのですがPew Research Center(ワシントンD.Cにある米世論調査機関)によると、この50年で妻の教育レベルのほうがよくなっている夫婦が増えたという発表がありました。(2月12日 ピューリサーチセンターFactankより)

2012年の調査によると結婚している女性の中で、20.7%の人が自分より高い教育を受けていない配偶者と一緒になったといっています。
夫の方がよりよい教育をうけている夫婦の割合が1990年までは順調のびていたのに、1990年の22.4%をピークに2012年には19.9%にまで減少しています。

その理由の一部としては若い女性が過去20年において、高等教育を受ける率において男性を凌いだので、最近の新婚カップルの間では妻のほうが高学歴だという傾向は普通なようです。2012年に、新婚の女性の27%は、自分より教育水準が低い配偶者と結婚しましたが、男性側では15%だけが、自分より教育レベルの低い配偶者と一緒になっています。
又、夫婦のどちらかが大学もしくは院を卒業した新婚夫婦の中で39%の女性が大学の学位を持っていない男性と結婚しましたが、26%の男性が学位をもたない女性と結婚しています。

もう一つのトレンドは似たような教育レベルでの婚姻が変化しているということ。大卒の学位をもった人達が増え、互いに結婚する傾向にありますが、同等な教育レベルをうけた夫婦は1960年には80%だったのに対し、2012年には60%になっています。

同レベルの教育をうけた夫婦が減っている主な理由は、高卒や高卒以下同士の婚姻が今は少ない、(1960年では74%だったのに、2012年では24%)そして、高卒や高卒以下の教育しか受けていない人は結婚しにくいということがあるようです。そういう人達の婚姻率が1960年には72%だったのに、2012年には46%に減っています。

一方、大卒同士の夫婦の割合が2012年には22%にまでのびています。

自分より教育レベルの低い人と結婚することが経済的に ”格下げ” になるのでしょうか?そうとも言えず、実際には大抵の場合 “格上げ” されるようです。実際、夫よりも稼いでいるのは39%で、58%の夫が妻よりも稼いでいるのだということです。

夫と妻、どちらの学歴が上?

夫と妻、どちらの学歴が上?

夫婦の学歴

夫婦の学歴

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中