幼少期から始まる肥満

去年の国連食糧農業機関(FAO)の発表によると成人の肥満率が一番高いのはメキシコで約33%、2位の米国は31.8%でした。アメリカはメキシコに王座を譲った形になりましたが、アメリカではまだまだ肥満というのが国の問題であることにはかわりがないようです。

ニューイングランドジャーナルオブメディシンに発表された肥満に関する調査では、5歳児を調査したところ、7000人の幼稚園児のうち三分の1が肥満であり、中学2年生になっても太っていた、という結果がでたそうです。しかも、5歳の時点で特に太っていた子供たちは中学2年になっても非常に太ったままの状態でいたとのこと。(1月30日ボストングローブ)ニューヨークにあるマウントサイナイ医科大学のルース教授によると研究から大人の肥満というのが子供の頃にすでに確立しており、それが青年期を通じて成人まで影響するということが、いえそうだ、とコメントしています。
しかし、研究ではなぜこのようなことになるのかということについてはかかれてはいませんが、専門家は遺伝的な問題と環境的要素の相互が関わりあうからだろうとみています。

中学生というのは時期的に太る年齢ともいえそうなので、その時点で調査をするともしかして太っている子の数は増えているかも?同じ人たちをさらに10年後追跡調査をしてみるとどういう結果になるでしょうか。。。

貧困層ほど、肥満が多いという話はよくきかれますが、同時に、教育レベルが高いほど肥満率は低い、ということがOECDの調査からもわかります。
5歳の子供に与える影響というのは、遺伝と親の影響が非常に高いと思われます。遺伝的に太る要素をもっていたとしても、親がそれなりの環境、生活習慣を整えて、食に関する教育もすれば、成長するに従い自己管理ができるようになるのではないでしょうか。

そう考えるとボストン近郊では太っている人達をみかけないというのはわかる気がします。このエリアは確実にアメリカの肥満率を下げているといえそうです。今年は特に雪が多く、周りに雪が残る中、この4月のボストンマラソンの準備もあるのか、連日マイナス10度ほどにもかかわらずマラソンしている人達を多くみかけます。人々はスポーツ好きで食べ物にこだわり、自分が近所で一番不健康な生活をしているような気さえしますね。まわりのスマートで超健康オタクのアメリカ人をみているとだんだん自分は何人かわからなくなってくるのでした。。。太る遺伝はないはずなので、自己管理。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中