スタートアップに資金を提供するようにNPOに寄付をする団体-SheGives-

アメリカにいると、いろんな場所で寄付をする機会があります。それはチャリティーイベントであったり、電話での寄付のお願いであったり、ダイレクトメールであったり、同窓会の寄付だったり、近所の子供が学校での行事の為にお金を集めにきたり、色々です。最近はクラウドファンディングの認知度もあがってきていますし、寄付をする側だけでなく、集める側にも、なりえるわけですが、寄付ということが、特別な人が、特別な時にする事ではないというのはいい事だと思います。

2012年のGiving USAのデータによると、全米での寄付金合計額、3160億ドルのうち個人からが72%、企業から6%、そして、内訳は宗教に32%、教育分野に13%わたっています。人は自分が価値が見いだせるもの、そして信じているものに寄付をする傾向にあり、年収が高いから沢山寄付するとは限らないそうです。

そんな中、ボストンで成功している女性の起業家達が地元のNPOをサポートする為に、去年SheGivesという団体をたちあげました。(ボストングローブ 2月24日)SheGivesは個人投資家や起業家、友人達からこの5ヶ月で23万5千ドルを集め、8つの社会的なミッションの為に活動しているNPOに資金を提供する予定だそうです。8つのNPOの中には以前にこのブログでも紹介したScience Club for Girls(理系女子を育てるプログラムを提供)やその他、アートセラピーを行うRaw Art WorksCollege Bound Dorchesterという高校生の為に大学進学を手伝う団体等があります。

去年この団体を立ち上げたボストンヘッジファンドのパートナーでもあるバーネットさんは、多くの女性達は、もっと慈善団体に寄付したくても忙しいので、どの団体が価値があることをしているのか調べる暇がないということを知りました。そこでSheGivesがデューディリジェンス(多面的な企業調査)を行い、メンバー制にして現在約100人のメンバーがいるそうです。メンバーは2年間は毎年1000ドル〜2500ドル寄付しなければなりません。(もちろんもっと寄付したければ、それでもかまわないそうですが。)

寄付をする相手は誰でもいいわけではない、得に成功した人ほど、どこに使うかということはシビアになるようです。自分たちが寄付する団体は、社会に本当に貢献しているのか、世の中に必要とされているのか、ということを考えると、NPOでも、一般企業でも同じといえそうです。
そして、SheGivesを立ち上げたバーネットさんは “寄付することで違った意味のリターンをえることができる” といっています。それは、自分たちが気にかけている分野において状況を変えようとして頑張っている人達や団体に自分も貢献できると感じること、だそうです。

以前紹介した、“ハッピーマネー、賢く使う科学”という本で、他人に投資することで人は幸福を感じる、とありましたが、まさにその幸福感が彼女達のリターンだといえそうです。

関連記事:
理系女子を育てる取り組み
お金で幸福が買えるらしいことが判明-ハッピーマネー、賢く使う科学-

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中