髪の毛を切って、ファンドレイジングをしよう

ボストン市近郊にある、グラニットテレコミュニケーションズという会社が、社員の髪の毛を切る事で220万ドル(2億円強!)の資金を集め、ダナファーバー癌研究所に寄付をしたという話がありました。(ボストングローブ 3月4日)
ダナファーバーがん研究所はボストンにあり、アメリカ国立癌研究所指定癌センターの一つで国際的にも有名な施設です。

グラニットテレコミュニケーションズという会社には1200人以上の従業員がいますが、そのうち約430人の従業員が髪をきり、それぞれが、支払った金額がダナファーバー癌研究所に寄付されました。5000ドル払った人もいたそうで、癌で苦しむ人たちが周りにいる人ほど、寄付金もあがる傾向にあったようです。

4月にはボストンマラソンが開催されますが、(以前の記事にも書きましたが)、ダナファーバーはボストンマラソンでもファンドレイジングイベントを行っています。ボストンマラソンを走ることで、お金を集めるのです。自分の身の回りに癌で苦しんでいる人がいるけれど、自分には何もできない、という気持ちがある人は、そばに癌研究の為に資金を集めて走ってくれる人がいると、そのことに感謝して、お金をだします。そうやって、色々な人々の気持ちを集め一人一人のランナーが、100万円ずつ集めると400人走れば、4億円の資金になるのです。

ファンドレイジングが成功するには、ストーリーやコンセプトに共感できるか、という点や、自分が寄付することで社会の問題を解決することに役立つのか、という点が大事だと思います。

参考記事:
ボストンマラソンを走って社会起業家になろう その1

ボストンマラソンを走って社会起業家になろう その2

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中