ティーンエージャーの作るアプリは世界を変えられる?

タフツ大学の電気電子工学部のパネッタ学部長と、IEEE(電気・電子分野における世界最大の学会)が13歳以上の学生を対象にヘルスケア、教育、クリーンエネルギーといった分野の世界の問題を解決するアプリを開発するコンテストを開催することになりました。目的は携帯を使って世界の低所得層者を援助することです。(3月8日ボストングローブ)

先日のハルトプライズ でも提案されていましたが, どんなに貧しい所でも、携帯電話は普及しています。水を得るのが難しくても、携帯はあるというのが現実なようで、電気やガスが通る前にインターネットが通じる可能性という事を考えると、アプリで問題を解決するというのは十分あり得る話です。パネッタさんはクリントン元大統領がスピーチでモバイルのアプリが2010年のハイチの地震での救助やその後の復旧に役立ったというのをきいてこのアイデアを思いつきました。

このコンテストには18歳以上の人も参加できます。18歳以上なら実際のソフトを作る必要がありますが、13〜17歳の子供達はアプリを作る必要はありません。彼らはそれがどのように機能するのかというアイデアとスケッチがあれば参加できます。賞として、iPadエアーがもらえたり、IEEEのエンジニアがそのアプリを実際に作るのを手伝ってくれたりします。

アプリコンテストはIEEEが発展途上国での国際プロジェクトを援助するためにクリントングローバルイニシアティブの協力をえてたちあげたApp-E-Feat(アップイーフィート)というサービスに注目してもらう為に、そして又、ソフトウエアのエンジニアを育てる為にデザインされたものです。パネッタ学部長は発展途上国やアメリカ国内でも広く問題を解決する為にモバイルのテクノロジーは使えると思っています。IEEEには40万人のエンジニアがおり、2月の中旬には500人のボランティアが集まりました。

コンテストに、現状興味をもっているのは女の子が多いそうです。
子供たちは人間関係や環境を意識しています。
友人関係を良好に保てるように、関係が悪くなりそうなら警告サインをだしてくれるアプリや、環境問題も人気のあるテーマです。例えばグーグルマップ上で清掃されるべき場所が示されるアプリとかに注目が集まっているようです。

App-E-Featコンテストは5月19日が締め切りで6月20日に受賞者が発表されるとのことです。

電気工学の分野では女性は圧倒的に少ないのですが、女性の学部長が先頭にたつことで、女の子達も敷居が高くなく参加できるのかもしれません。
確かに子供の視点って、余計な邪心がないので事の本質をついていたりします。子供心のある、単純にこんなのあったらいいな、っていうものが世界をよりよいものに変えていく可能性は十分にあると思います。いいアイデアとソフトウエアを作る能力があれば、中学生でも世界をかえることができるということを感じられる取り組みは子供に夢を与えることになりそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中