高級時計ウブロの会長が話す小国成功の秘訣

アルバート・ギャラティンというアメリカの第4代財務省長官(1801〜1804)がいますが、彼はジュネーブ(スイス)からの移民です。彼の功績をたたえたシンポジウムがハーバード大学でありジュネーブから高級時計ウブロのビバー会長がきてスピーチをしました。ビバー会長はルクセンブルグ生まれの65歳になりますが、ローザンヌ大学卒業後、スイスの時計産業を渡り歩いてきた人です。トレードマークのシングル5つボタンのスーツ(?)をきて、エネルギッシュにスピーチをしてくださいました。

スピーチの中で、どうして小国スイスが頑張ってこれているのかについて大きく3つの点をあげていました。

1教育
いかに職業訓練が大事な制度であるか。これはシステムでみなければいけないことで、産業と一体化して、産業が必要な人や技術を職業訓練を通じて育成することが必要。需要を把握しないで、一方的に教育をしただけでは社会に必要な人材は育成できない。

2健康
スイスはすばらしいメディカルシステムがある。人も長生き、製薬、医療も発達している。

3移民の活用
移民を社会の中で根ずかせて、教育し社会に適応させること。

1970年代には安価なクオーツ時計が現れて、日本製の時計の進出によりスイスやアメリカの時計産業は大打撃をうけました。アメリカの時計業界は壊滅状態になりましたが、その後、90年代にはスイスの時計業界はよみがえります。それは時計というものを、時を知るもの、として扱うのではなく、コミュニケーションツール、ステータスシンボルとして、販売したからだ、と彼はいいます。そして、自分たちは”スイス”を輸出してきたわけではなく、”スイスネス(スイスらしさ)” を輸出してきたんだと、スイスネスとは、品質であり、サービスであり、希少価値であるとのべていました。

彼はどれだけスイスはすばらしい国なのか、“スイス最高!”ということを話していましたが、(笑)とてもチャーミングなので私には嫌みがないように感じましたが、歯に衣着せぬものいいで、アメリカ人は教育を大事にしていないとの発言や、車産業を例にあげて市場の欲求にあった商品を売りこまない等、あのハーバードで直球発言してしたので、ちょっと周りのアメリカ人の反応をみてこっちがびくびくしてしまいました。。。

確かにアメリカ同様、スイスも移民社会であり、実際成功している実業家は移民が多いです。例えば、ネスレの創業者ネスレ氏はドイツ出身、スウォッチの創業者ハイエック氏はレバノン出身、近年アメリカズカップに2回優勝しているベルトレリ氏はイタリア、そしてこのスピーチをしたビバー会長もルクセンブルグ。でもどの人達にも共通しているのが、スイス人であること、スイスを誇りに思っている事です。

参考記事:
失業率を改善させる可能性のある職業訓練制度

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中