学校が地域にどんな影響を与えるのか -治安の悪い所にできるSTEMアカデミー-

ボストンとその近郊は結構治安がいい方だと思うのですが、その中でもボストン市内で発生する殺人事件の約7割が発生しているエリアがあります。
まさにそのエリア、ロックスベリーに新しくSTEM分野(サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、数学)に重点をおいた中学、高校ができることになりました。
7年もかけ、費用7070万ドルほどのこのプロジェクトがやっと州の学校校舎管理局に承認され、ローン申請が通れば工事が来年から始まりまることになりました。(ボストングローブ3月31日)

STEM分野がこれから人材が必要とされる分野、と位置付け、古いもともと女子校だった校舎を立て直して、STEM分野にフォーカスした学校を作ることで、この辺りの高い失業率を将来的に改善するのではないかと考えられています。ここのところ、ボストン市内ではスペースや費用の問題もあり、10年以上新しい学校が作られておらず、郊外での学校建設が進んできました。今回学校を作ろうと計画している辺りは、移民も多く、英語の能力が不足している子供達が多かったのですが、だんだん成績もあがってきたこと、ボストンの市長がかわり、古い校舎への建て替え投資というものにも力が入るようになったことも背景にあるようです。

***

日本の文科省の調査でも、親の学歴、収入と子供の学歴の相関関係があきらかになっているようですが、経済的に余裕がある家庭の多く住む治安がいい所に、いい学校を作るのではなく、悪いエリアにいい学校を作ることで学力の底上げをしよう、そして就業率をあげて治安をよくしようという取り組み、かなり大胆だと思われます。そもそも学校にちゃんと通ってこない子達にそんなSTEM分野のような難しいこと教えようとしても授業が成り立たないのではないか、という意見も聞かれますが、教育は夢を与える事、頑張ってほしいです。

関連記事:
理系女子を育てる取り組み

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中