edX(大規模オンライン公開講座)で学んでいるのはどんな人たち?

ハーバード大学とMITが開発したedX(MOOCs、大規模オンライン公開講座)は160ほどの講座を提供しています。登録しているのは200万人、196カ国の人々ですが、そのコースの受講者、一番多いのはアメリカ人(60万人)で、2番目に多いのがインド人であるという 記事(The times of India) がありました
受講者のうち60万人はアメリカ人、25万人….インド人、8万人….イギリス人、ブラジル人、6万人….中国人
年齢は高校生が5%、18〜25歳が40%、25歳以上は55%、コースをとっている人の平均年齢は26歳

ちなみにインド人の中で一番人気のコースがハーバードの教授によるコンピューターサイエンス入門、2番目がMITの教授によるサーキットとエレクトロニクス、そして公衆衛生になるそうです、さすがITに強いインド人。しかも彼らは英語がよくできるのでMOOCsの利点としてある、一流の教授の授業を場所を問わず、無料でうけられるということを、金銭的な理由で大学に行けない人達も享受できます。

コースは通常4〜12週なのですが、終了率の低さがよく指摘されます。実際は6%程度の人しか、コースを終了して修了書をえることがないそうです。しかし、コースをとっている人の80%以上はすでに学士号をもっているということがペンシルバニア大学の調査からわかりました。要するに資格を得るために受講している人は多くないということです。

ノンプロフィットのedXの場合、コースが無料ということがコースを終了する率を逆に落としている一因でもあるように思いますが、逆にそれを利点ととらえ日本人の場合なら、大人の英語学習ツールとして興味のある分野を趣味的に勉強したり、TOEFLの練習の為とか、自習だけでなく学校の英語の先生にも活用してもらいたいと思いますね。

参考記事:
MOOCsは役に立つのか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中