ロシアがボストンの会社からテクノロジーを盗もうとしている?

今朝のボストングローブの一面、まるで1970年代の冷戦状態に戻ったように、ロシアの投資会社がボストンエリアにある会社のハイテク技術を盗んで自国の軍隊に引き渡そうとしているというFBIからの警告がのっていました。(Beta Boston 4月8日)
確定的な証拠がないって、書きながらこういうニュースが新聞の一面にでるって、かなり政治色が強い感じがしますが・・

FBIのボストン事務所は、もしマサチューセッツやシリコンバレーにあるロシア資本のベンチャーキャピタルから資金提供をうけてテック関連企業で起業家達が活動している場合、彼らがしらないうちに産業スパイに引き込まれる可能性を示唆して警告をしています。

特に、何かが起こったという証拠はなくても中国と似たように、ロシアも知的財産権に関しては甘く、ここ数10年間にわたる中国企業による知的財産権の侵害による経験からの警告だとFBIは言っています。何か起こる前に釘をさしておこうというスタンスだそうです。

実際、どのロシアのベンチャーキャピタルかを、名指ししていないまでもボストンに事務所をおく RVCと、シリコンバレーに拠点をおき、マサチューセッツにあるいくつかの会社に投資しているロスサノ( RUSNANO) という2社に対しての警告でしょうか。 ロスサノ はここ4年間に12億ドルもアメリカの会社に投資をしてきています、この警告に対し、CEOはエイプリルフールのジョークかと思った、という反応。

RVCはボストンのスタートアップシーンで活躍しており、マスチャレンジのプログラムにも投資してきました。このような曖昧な警告はロシアからくる投資関連の会社に対して警戒心を抱かせると言っています。
ロスサノはボストン周辺では6000万ドルほどの投資を再生可能燃料やバイオテック分野でしています。去年の9月にはスコルコボ財団(メドヴェージェフ首相が設立)、RVC, ロスサノはボストンとシリコンバレーで政府、ビジネス関係者を招いてロシアイノベーションウィークを開催して2国間のビジネスの関係を促進させています。

この警告に関してはクリミアの件がある前の2月にすでに動いていてたということで、3月には米国商務省は、防衛関連製品および軍事用途にもなる「デュアルユース」の技術のロシアへの輸出用の新しいライセンスを禁止しました。FBIの警告はプーチン大統領に近い経済界のリーダーに対する制裁をすることでロシアに対する圧力をあげるものとしてとらえられています。

FBIは去年スコルコボ財団がロシアの防衛請負業社とかわした契約を問題視しており、財団のアメリカでのパートナーの研究結果がロシア軍にいくことを警戒しています。
そして、地元の会社や大学にこれらの海外投資家からのアプローチには近ずかないようにいっているのです。

スコルコボ財団はMITと協力してスコルテックという工科大学院をモスクワ近郊に作りました。しかし、FBIは財団はデュアルユースの技術にアクセスするロシアの政府の手段となりうる、と警戒しています。
MITは教育、リサーチ、起業のプログラムの設立を援助しスコルテックは2012年の秋に初めての学生を受け入れました。MITはアメリカの輸出制限法を遵守しており、主にこのプログラムの目的はその国での起業を促進させる為にあるとしています。

***

ロシアは綺麗なお金かどうかは別にしても金銭的に大きく投資ができる環境にあり、ボストンのイノベーションシーンの仕組みをどん欲に取り込もうという動きが大学機関のレベルからも聞こえるのは確かです。しかし、これはロシアに限ったことではなく、イスラエル、中国、韓国、ヨーロッパや南米の国もこの動きを加速させています。(日本が静かなようでこれはこれで心配ですが。。。)今まで、グッドウィルで動いていた活動にまで規制がかかり、法的にも金銭的にもややこしくならないといいのですが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中