ボストンマラソンを走って社会起業家になろう その3

今度の月曜、愛国者の日に、ボストンマラソンが開催されます。去年、ボストンマラソン爆破事件があり、この1年、”Boston Strong” というスローガンの下に、ボストン人が一丸となって、悲劇を乗り越えてきました。この事件、直接事件に巻き込まれてしまった方々だけでなく、色々な人達にインパクトを与えてきました。

去年の9月に今年のボストンマラソンにファンドレーザーとして参加することをきめたAnne Ghayourさんのストーリーをブログにのせましたが、この半年間で彼女はファンドレージングの当初の目標額11000ドルを上回る、15000ドルを集めました。(実はまだ、募金が増えています!)彼女は、募金をした人たちにこんなメールを書いてきました。

***

マラソンが5日後に迫ってきましたが、皆さんに心からの感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

現在は精神的にも肉体的にも感情的にもおちついていて、筋肉もトレーナーのおかげでとてもいいコンデション、体も軽いです。

私の心はこのレースを走る事で喜びに満たされています。私は、みなさんとみなさん方が愛する人達の為に、そして去年のゴールラインでの悲劇に見舞われた方々に敬意を表して走るつもりです。
この長いマラソンを走るにあたり、惜しみないサポートをしてくださった方々、厳しい日々の中勇気ずける言葉をかけてくださった方々、その気持ちが私を支えてくれて、月曜には私の背中をおしてくれることでしょう。

みなさんの寛大な気持ちが個人のPRとなりデイナファーバーのがん研究所へのファンド-レージングにつながりました。

http://www.rundfmc.org/2014/anneg

今回、マラソンを走る事にした理由はたくさんあります。3ヶ月ほど前に、ホスピスに入った友人は私がゴールラインにいるころには息子に会いにヨーロッパに行っているでしょう。ニューヨークに住んでいた頃、心を開いた15年間会ってもいなかった友人が、最愛の人を癌でなくしていました。2007年初めてのマラソンの準備をしていた時に息子をなくした友人、彼女は、この世に残った2人の子供達と一緒にグループでの走行会のボランティアに、なくなった息子さんの魂をいつもつれてきました。なくなられた息子さんはスポンジボブと青いものが好きだったので、彼に喜んでもらえるように足の爪を青いマニュキュアでぬることにします。。。

沢山の人たちががんにかかわる、個人的な話を分かち合ってくれました、そしてそのどれもが私達が生きている間に治療法がみつかるように望んで走ろう、と勇気ずけてくれたのです。

今年4月21日、私がスタート地点を出発する時、あなたのスピリットは私と共にいます。ゴールに一番最初に到着するのは私ではないと思いますし, テレビ中継は私がゴールする前には終わってしまうかもしれません、でも私はすでにレースに勝ったのです。癌を撲滅する為のマラソンに本当にすばらしい友人達とこの ”人生のマラソン” をサポートしてくれる家族に恵まれ幸せです。私は、肉体的にも精神的にも走る事ができるから、そうするのです。皆さんのサポートがあるから走るのです。。。

***

この半年の間に、私自身の友人も癌であることがわかり、治療を始めました。本当に心を通わせることができる友人なだけに、とてもショックでしたが、遠方に住んでいる彼女の為に、自分ができることはなんだろうと考えた時、こうやってみんなの思いを背負って走ってくれるAnneさんに本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。もちろん募金をして癌の研究に役立ててほしいですが、彼女が走ってくれなければ、恥ずかしながら募金なんてことも考えなかったように思います。

一人一人のもっているストーリーを丁寧にきいて、私の友人の名前もちゃんときいて、その彼女のことを思って走るから、といってくれた彼女。心から応援したいと思います。人は本当に色々な形で社会に貢献できるものなのですね。

関連記事:
ボストンマラソンを走って社会起業家になろう その1
ボストンマラソンを走って社会起業家になろう その2

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中