大学(学士)を3年で終わらせることで経済的な負担を減らす取り組み

アメリカの大学の学費の高さは親にとっても学生にとっても頭の痛い問題ですが、その負担を少しでも軽減させるためにとりくんでいる大学の話がありました。(ボストングローブ4月22日)

マサチューセッツ州の南にあるコネチカット州にある、規模は小さいながらもレベルの高い名門のリベラルアーツ大学であるウェズリアン大学では、年々高騰する学費の経済的負担が減るように3年で学士がとれるコースを提供しています。そもそもウェズリアン大学は学生に3年間で学士をとることを以前から認めていたのですが、ここ2年ほど前から3年のプログラムを積極的に推奨し始めました。
4年間で休みの間にインターンシップをしたりしながら、卒業していくこともできますが、海外での勉強や、夏のコース、追加のプログラム等をこなし、3年で卒業できるのであれば、経済的負担もへるので、このようなプログラムを他の大学でも現実的なオプションとして、もっと推奨すべきである、ということが記事の内容でした。

***

実際、大学1年目でとるような一般教養的な科目は高校レベルで勉強できる内容も多く、高校のうちにAPコース(アドバンスト・プレースメントコース)をとれば、大学の単位もいくつかはとれてしまうことから、現実的には少し頑張れば、3年で卒業というのも可能ではあると思いますね。得にこのウェズリアン大学は学生数もそれほど多くない割には教授の数も多く、卒業生からの寄付金も他のリベラルアーツ大学に比べて特段多いというわけでもないので、学費自体が高い、ということが背景にあるようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中