高校でコンピューターサイエンスの授業を増やす動き

テック、バイオ、製薬関連産業や各種スタートアップが集中するボストン界隈ではプログラマー不足は深刻です。コンピューターサイエンスを若いうちから知ってもらう為に高校からコンピューターサイエンスの基礎授業を増やす取り組みをしている話がありました。(ボストングローブ4月24日)

例えば、HubSpot という会社では、ソフトウエアのエンジニアを紹介し、紹介された人が雇用に至った場合には1万ドルほどのボーナスを支給するほどです。企業によっては大学を卒業したプログラマーの給料は年収1000万円ほどに迫る勢いでもあります。一方、プログラミングのコースを提供している学校は十分にあるわけではありません。又、ただコンピューターサイエンスを教えればいいということでもなく、楽しんで学んでもらう事も重要です。

ところがその分野に興味をもってもらうために若い時から子供達に教育の機会を与えたくても、教える先生も足りないというのが現在の状況です。
そこで昨夏マイクロソフトとグーグルは営利、非営利も含めマサチューセッツでのコンピュータサイエンスの教育を広げる為に、 MassCanと呼ばれる団体を作り公立学校でのコンピューターサイエンスの必修化を促進させようとしていました。が、コスト面で上手くいかず、ナショナルサイエンスセンターと Code.orgから150万ドルのファンドを集め現在、MassCanとそのパートナーたちはマサチューセッツの公立高校でコンピュータサイエンスの基礎講座を教える先生を教育しています。9月までに新学期から、800から1200人の生徒に教えることになる60人の教師を教育する予定です。

もしMassCanが州や財団、個人からもっとファンドを集められれば、十分な数の教師を教育でき5年以内にほとんどの公立高校でコンピューターサイエンスの授業がうけられるようになる予定ですが、どの程度の人材を育成する必要があるかということを考えると、企業側のイニシアティブがより必要になってきます。
例えばマイクロソフトはTEALS (学校におけるテクノロジー教育とリテラシー)というプログラムを運営して15年ほど前から地元の高校にボランティア教師を派遣しており、教える内容は、大学の教養課程で習う程度のコンピューターサイエンスの基礎講座ということです。

***

テック関連の分野に関しては、産業が必要な人材を育てる為に、営利、非営利を含め様々な努力しているのが、見えるのですが、人材不足といっている他の分野はどうなのでしょうね。実際の企業の人がきて、自分のやっている勉強が将来どういうふうに職業に展開しうるのか、ということがわかると、いろんな意味で勉強のモチベーションがあがりそうです。
コンピュータに関わる知識や技術がある、ということと人に(得に子供に)物事を上手く教えるということは必ずしも一致しないことから、教育現場の混乱は察しできるような気がします。。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中