カーシェアリングをするようにフライトシェアリングをするスタートアップ

アメリカは広大で、公共の交通機関が通っていない所も多いのでちょっと珍しい所にいこうとすると、飛行機、フェリー、バス、車といくつかのものを乗り継いでいかなければなりません。そういう理由もあってか、飛行免許をとるのも比較的簡単です。しかし実際、飛行機で移動することや飛行機を所有することは車より、コストがかかるわけでそれを誰かとシェアできれば、使いこなせる機会がより増える、ということでカープールのような感覚で、飛行機とパイロットをシェアする目的でできたスタートアップがあります。(Betaboston 4月7日)

ニューイングランド地方(米国北東部のコネティカット州,メイン州,マサチューセッツ州,ニューハンプシャー州,ロードアイランド州及びバーモント州の6州)をプライベートパイロットとして飛んでいる人は少なく見積もっても2万から3万人ほどいるそうで、実際には4、5万人いるのではないかと言われています。
そのうち20−25%のパイロットは遊覧飛行を楽しみ、残りはどこかまでいくという目的をもって飛んでいるようです。

そのパイロット達にとって、ネックになっているのは飛ぶ費用。大抵のパイロットは飛行機をレンタルしているのですが、もし燃料費や飛行機のレンタル料をシェアできればもっと気軽に飛べるようになるのに、という思いでできたスタートアップが  Airpoolerです。

実際Airpooler で登録する90%ほどの飛行機はシングルエンジン、パイロット一人で飛ばせる飛行機になります。もちろんそのような飛行機にはトイレはありませんし、体重だってちゃんと報告しないと、重量オーバーになるケースがあり、安全も担保できません。悪天候では影響を受け易いですし、誰もがそういう状況下で乗客になることになれているわけでもありません。保険の問題もあるので、まずフライトクラブのメンバーを対象にサービスを提供し始めました。

Airpoolerで登録しているパイロットはプライベートなパイロットで事業用の免許はとっていないので連邦航空局は決まった費用以外の支払いをされてはいけない、と定めています。(例えばパイロット一人に乗客一人ならかかった費用、ガソリン代や駐車代等の50%以上はもらえないというように。)たとえ、パイロットが飛行機を所有していても、メンテナンス代とかその他の雑費を請求することはできません。そういった事を考慮してもAirpoolerが、フライトをシェアするマーケットを作ることで得る手数料収入は10−15%になるようです。

***

今後、利用対象を一般人にも広げるようですが、値段は安くても下手をしたら命をかけたアドベンチャーになってしまうので、パイロット同士でシェアするほうが、まだ信頼感があるかもしれません。
それにしても、たった6州のエリアで4、5万人もパイロットがいるって、さすが広大なアメリカ。。農場の肥料や農薬をまくことも飛行機を使ってやったりするだけあり、フライト免許をとるハードルは低いですね。
フライトクラブでは飛行機を数人のパイロットで共有するということは以前からあったようですが、知らない人をのせるほうも乗る方も結構勇気がいるかもしれません。このところ、世界中、天気の変化が激しくなっています。日本でも竜巻が起こるなど、以前だったらあり得ないような天気の激しさをみるわけですが、普段バスのような旅客機にしか乗っていない人が、小型のプロペラ機にのることはバイクにのるような感じでしょうか。もっと空気や風の抵抗を感じたりして、旅客機のような安定感はないです。(それが、乗り物好きには楽しいのですが。。。)こういうのにわくわく感を感じてしまうのは自分のようなフライトオタクだけなのかなあ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中