ブランダイス大学が行う3日間のスタートアッププログラム

ボストンにはビジネススクールやビジネスプログラムを提供する大学が多くあります。ブランダイス大学は3年前から3日でスタートアップを立ち上げるコンペティションプログラムを始めました。(Brandeisnow 4月15日)

ブランダイスインターナショナルビジネススクール(IBS)では55時間でビジネスプランを作りピッチをする3 Day Startup (3DS)プログラムを開催しており今年で3度目になります。
このプログラムはビジネス専攻の学生だけでなく、テクノロジーイノベーションマネージメントクラブと共に、異なった分野を勉強する学生を横につなげ, 参加者の起業意欲を高める役割を担っています。

週末をかけて行われるこのコンペは4大陸で行われ、アイデアを実現可能な形におとしこみ、学生をメンター、投資家、能力のある同僚達とつなげていきます。前回までの2回のコンペでは21のスタートアップが誕生しました。

この経験は他の学生達がすることととは全く違う学習経験であり、通常の数ヶ月かかるコースと違い、週末に学生にプレッシャーをかけることで起業家としての筋肉を早くつけることができます。
今年は23人の参加者がチームに別れブレインストーミングをし、ビジネスアイデア、プラン作り、マーケットリサーチを行い、製品のブランディングを考えマスチャレンジへの参加を目標に競いあいました。そしてメンターや教授、投資家や地元の起業家達からフィードバックをもらいました。

教室で習える事も沢山ありますが、外にでて実際にやってみることが重要です。このプログラムの一番重要な側面は、エネルギーの高い環境下によってチームで協力して何かをなし遂げようという雰囲気が促される、ということのようです。

4月4日の金曜の午後から始まったプログラムは日曜の午後に学生や教授、卒業生等の観衆の前、及び、マスチャレンジやベータボストン、ベンチャーキャピタル等の代表の前でビジネスプランをピッチし、1チーム(市民が作る政治ニュースのウェブサイト)が秋からのマスチャレンジのプログラムに申し込むことになりました。

***

このプログラム、実は 2008年にテキサス大学で始まり、もともとは学生の団体が提供していたそうですが、現在ではNPOになっています。アメリカ国内だけでなく世界中のいろんな大学が(ヨーロッパ、南米、アジア、アフリカ、ただし日本ではありません)このプログラムを採用しています。短期間でビジネスプランを作り、簡単なマーケティングもしてビジネスの大枠を作るというで、ビジネスモデルのハッカソンという感じでしょうか。
ある意味、短期決戦で、判定がでるので、問題点や修正点を改良して、また他のコンペに出たりすることも可能ですし、ビジネスをどうやって立ち上げるかということが集中的に学べるので非常に効率がいいといえそうです。こういうのを企業側が、テーマを与えて、学生にいろんなビジネスモデルを考えてもらう、コンペをしたら日本でもできそうな気がしますね。企業側としてみれば、採用の幅も広がりそうです。いいアイデアがでれば、企業でプロジェクトとして、採用してくれると学生側も意欲をもって仕事に望めそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中