バーテンダーになるのに化学の学位は必要か?

ウェズリアンカレッジはアイビーリーグの教育を少人数で行っているリベラルアーツカレッジの一つでリトルアイビーの名門です。
このリベラルアーツ教育、日本語では教養学部の教育とか、”教養”という意味で訳されますが、基礎的な教養を磨くだけでなく、物の考え方を養う、考え方の基礎を学ぶというように理解したほうがいいと思います。アメリカの名門リベラルアーツカレッジは少人数でエリート養成校のようで、卒業後は専門大学院にいく人が多いと言われています。
学長のマイケル・ロス氏はMOOCs等もいれると昨年15万人以上に教えてきたそうなのですが、リベラルアーツの重要性を説いてます。(ボストングローブ5月9日)

この30年間に学生の期待するものも変わってきました。学部生は消費者のように行動し、いい履歴書を作ることを重要視しています。両親は、教育がすぐに就職で、又職場で役立つことを望みます。そして、競争社会では広い見識を求められるリベラルアーツ教育は贅沢なものととらえられ始めています。

近年、一部の人々の間にはリベラルアーツのような広範囲の教育は必要ないという議論がおこり、実際 ”いいマティー二を作るのに、化学の学位がいるのだろうか?” というような議論があり、リベラルアーツに否定的な人たちは、自分達は教育の恩恵を受けてきたのにもかかわらず、直接お金にならないものを ”無駄” な教育とみなします。

しかし、企業側はリベラルアーツ教育の重要性を認識しています。アメリカ大学連盟の調査によると、80%の雇用者が専攻に関わらずリベラルアーツとサイエンスの基礎を勉強するべきだ、と述べています。
だから(この学長は)MOOCsでも学生を”集団”としてとらえず、個人授業のような感じで学びに情熱を注いでもらい、思慮深く、クリティカルシンキングのスキルを習得してもらい、好奇心と熱意をもって学び続けてほしいのです。

アメリカ建国以来、教育は個人の自由を手に入れる為に必要なものであり、個々のポテンシャルを引き出す事で社会に貢献してきました。
アメリカにおける高等教育の変化のペースはかつてないほど早くなっています、不平等をへらし、経済的にも活性化させたいなら実用的でリベラルな教育が必要です。

***

リベラルアーツカレッジは一般的に学生数が少なく、一人の教授がみる学生数が少ないこともあってか、学費が高いので、余計に贅沢ととらえられるのかもしれません。しかし、得に近年、グローバルな経営を求められるマネージャー等に広範囲な教養の必要性をとく話もあり、あらためてリベラルアーツというものが見直されている側面もあるようです。先日の記事でもかいた、自分の頭で考える、ということを徹底的にきたえられるのがリベラルアーツカレッジともいえそうです。(私のリベラルアーツカレッジに行く人のイメージは、学ぶということが本質的に好きな人というイメージがありますが。。。)

確かにいいバーテンダーになる為には化学の学位は必ずしもいらないでしょうが、勉強することで自分の可能性を広げてくれるということはありますよね。心理学をもし勉強していたら、もしかして、彼と話したくて客が集まるかもしれないし、ビジネスを勉強したらバーを経営する側に回るかもしれない。

どこまで、どの教育が必要かといえば、正直、人によって違う、としかいえないのかなあ、という気がします。だから本当は一番大切なのは自分を知る事ではないでしょうかね。自分を知るためにリベラルアーツ大学で学ぶ人もいるでしょうし、自分を知っているから、他の選択をする人もいるでしょう。(自分を知るって年齢は関係ないんですよね。私は個人的にはそっちのほうに興味がありますが。。。)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中