ハーバードが労力をかけるMOOCsの講座(Harvard X)

ハーバードがMOOCsの講座を作る為に、どれだけ大変なコストと労力をかけているか、という記事がありました。(ボストングローブ5月18日)
ノンプロフィットのedxですが、そのために作っているコースは、一方的に無機質な教室から映し出されるコースだけではなく、思考をこらしたものが多くあります。(ハーバードXが講座を作っていて学生はedXのプラットフォームからログインします)http://harvardx.harvard.edu/
自分が去年友人に誘われて、覗いたコースはScience and Cooking(科学と料理)という公開講座で、edxでも現地でも受けられる講座でしたが、プロのシェフが料理をする際にいかに科学をとりいれているのか、ということを学ぶ講座で、毎回違う、有名シェフがやってきて実際に授業を現地できくには早くいって並ばないと、席が確保できないほどの人気講座でした。

MOOCsの為に、ハーバードは学内制作会社のようなものを立ち上げ、ミニドキュメンタリー、アニメーション、インターラクティブなソフトウェアツールを使用して講座を作っています。
ちょうど今月で2年たつHarvardXは2つのビデオスタジオに30人以上の従業員、フリーランサー(プロデューサー、編集者、ビデオ撮影者、作曲者、アニメーター等)と、テレビ番組の制作現場のようでとても、無償のコースを作るためとは思えないような力のいれようです。今までに30のクラスを作り、60を制作中だそうです。

実際、学部での講義にも宿題としてMOOCsの教材を使い、通常の講義ではディスカッションをするという教授もいるそうです。
オンラインでの教育をどうやってよくしていくか、という議論でなく、教育そのものをどうやってよくしていくか、という視点にたって制作しています。

教授が提案した議題を沢山のスタッフたちで、演出したり、ビデオにしたり、作りこんでいくのですが、沢山の教授たちもプロジェクトをボランティアベースで行っているので、この先フラットフィーにするか、収益の分配という形で還元させていくかを考えているそうです。
一つのコースを作るのに $75,000 から$150,000かかっていますが、神経科学講座のように、誰でも家で実験できるようなキットを売って独自に資金を集めている講座もあります。ゴキブリの足を切ってニューロンの発火音をきく実験は、大人気で、学部の講座にもとりいれられるようになりました。
又、ハムレットの講義では、演出に凝ったりと、教える側の教授も、新しいチャレンジで楽しい反面、コストがかかりすぎているとの批判もあります。

実際、講座をうけるのが無償と言っても証明書をとる場合は費用を支払う必要があるのでそうやって、ちょこちょこと、コストを回収はしているようですが、この先も、何か追加で、10ドル、20ドルの徴収ということは考えているようですね。
彼らが作っているMOOCs、従来の講座のかわりのもの、というより、ハイテクのマルチフェイス教科書だととらえています。だから、その作品は(講義)はドキュメンタリーでありストーリであってなるべく伝統的な講座みたいにならないようにこころがけているそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中