出生順位が個人の性格にどれくらい影響を及ぼしているか?

自身が長子である友人がこんな記事を送ってきました。

”第一子は保守的で支配者タイプ”
(ちなみに記事を送ってきた彼は、長子ですが、あまり保守的ではないです。。。)

生まれた順序が、性格に影響を与えるという話です。
こういった研究では、別の結果もあり、(1928年にはすでに、第一子は保守的であるという研究があったものの、その後、色々な研究結果がある)そこでミラノカトリック大学の心理学者は新しいテストをしてみました。
96のイタリアの家族、合計384人を対象に調査を行いました。まず、親に、そして、第一子、第二子に、秩序や伝統、その他の要素に関して自分の価値観を示してもらいました。第二子たちは、第一子より、新しいことに対してオープンであり、自分の魅力や社交の才能を使って目標を達成する傾向がみえたそうです。

研究結果として、第一子は後に生まれた兄弟よりも保守的であるということがわかりましたが、これは両親がその子に専念して、ケアをしているからだと思われています。
この第一子と第二子の性格の違いは、子供が親からもらえるものを子供の側が戦略的に最適化していることからきていると分析しています。

第一子は強く、知性的にも他の兄弟よりも発達しており、よって支配的なポジションにたちます。その立場の優位性を維持する為に保守的な態度をとると考えられます。親がどれだけ、保守的かは関係ないと研究者はいいます。

詳しい結果は ”Personality and Individual Differences” という専門紙にのる予定です。
ただし、出生順位以外の要因も人格の形成に役割を果たしているので、出生順位がどれほど大きな影響を及ぼしているのかを調べる為にはまだひき続き研究が必要と考えられています。

***

まだ、研究が必要といっているように、細かい条件をあげ始めたらきりなくありそうで、(どの年齢で調べるかという事も含め)こういうことを科学的に証明するって本当にできるのかな?という疑問は残りつつ、それでもやっぱり、例外はあっても、たぶん、多くの“長男、長女は保守的” という傾向はあるんだろうな、と納得する部分もあります。

自分の印象は、少なくとも親は、一人目の子に対しては、手の抜き方もよくわかっていないし、ちゃんとしようと頑張る、それが結果的には保守的な子供にするという側面はあるかもしれません。あんまり手をかけられていない、第一子だと、保守的で、ないかも?
あとは、家庭環境によるところも多いですよね、たぶん。祖父母と一緒に住んでいたかとか、親が病気がちだったり、仕事で家にいないことが多かったとか。

でも、同性の兄弟がいて、一人が保守的なら、もう一人はリベラル、それが上下いれかわったとしても、同じタイプが二人いるということはまずないようなので、やはり家族の中でバランスがとれるようになっている気がしますね。
自分が生まれる順番は、努力でかえられるものではない、宿命です。どっちのほうがよりいいとかでなく、自分の立場のいい所を理解して、人生楽しみたいものです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中