日本とマサチューセッツ州との関係

アベノミクスの影響か、TPPの件も含め、ここのところ日米間の動きが活発化しており、去年の秋に、マサチューセッツ州のパトリック州知事が日本を訪問して、安倍総理との会談をしました。そして、そのフォローアップとしての日本への貿易投資セミナーイベント がマサチューセッツ州国際貿易投資局主催で行われました。

これには、ボストンの日本総領事館、ニューヨークのジェトロ、在日アメリカ大使館のスタッフも参加し、日米間の状況、市場に今投資するのがいい理由、と言った事を説明しました。(ちなみにマサチューセッツ州というのは大きさでいうと秋田県と岩手県をあわせた位のサイズです。)

パトリック州知事も述べていたのですが、これからの関係というのはどれだけ自分の国が他の国に対してものを売ったのかという金額の問題でなく、どれだけの関係を作ることができたのか、ということが大事だと。そういった意味でもいい関係を保つ為にはフォローが必要、ということを述べられていました。

マサチューセッツ州にとって重要なポイントは以下の3点です。
1 教育
アメリカの中でも優秀な人達、又様々なバックグラウンドのユニークな人達が集まる場所でもある。

近年、マサチューセッツの大学で学ぶ日本人の数がへっているので、これは数値目標をきめて取り組んでみたら、という話もでました。

2 イノベーション
特にボストンはライフサイエンス、バイオテックが強いところ。

イノベーションに関しては日本もマサチューセッツから学べる事がある反面、日本の高齢化社会、平均寿命が高い、という市場は、ボストンのライフサイエンス、バイオテック会社にとっても面白い市場になっています。昨年の知事の日本訪問で、神奈川県が計画している再生医療の為の”京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区” の総司令部となるグローバル・コラボレーションセンター(GCC)と、コラボレートすることになりました。http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f4729/p783171.html

3 インフラ
インフラ整備を通じて民間投資を拡大、パブリック-プライベートパートナーシップで事業の推進をする。
製造業回帰がすすんでいる。とくにITのマニュファクチャリングに注目。

インフラに関しては、超電導リニア新幹線のアメリカへの技術導入の話があり、これが実現すると、ニューヨーク-ボストン間が45分(現在電車で4時間)になります。
インフラに関してはアメリカは市場としてものすごいポテンシャルがありそうですね。

日本の旗をバックに、立たれている姿はなかなかないかも。

日本の旗をバックに、立たれているパトリック州知事の姿、これはなかなかないかも。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中