2014年のマスチャレンジスタート!

マサチューセッツのイノベーションポリシーの中で重要な役割を担っているマスチャレンジですが、2014年のプログラム参加社128社がでそろいました。(応募したのは1700社以上)これから4ヶ月間かけて、メンターについたり、ネットワーキングを広げ、起業のエコシステムを学んでいきます。

128社のうち41社はハイテク、37社はライフサイエンス、ヘルスケア関連、クリンテックは10社ということで、なかなかボストンらしいという感じでしょうか。
今年はマスチャレンジも新しいスペースに引っ越して、賞金も当初の150万ドルから、175万ドルにあがり、参加応募社も世界中から増加しています。参加が決まった会社のうち71社は州内から、外国からの参加は30社、うち10社がイスラエル、その次に多いのがメキシコです。イスラエル、メキシコにはマスチャレンジ自体が進出しているので、参加が多いというのは納得です。又、参加国は10カ国、米国内からは17の州からの参加になります。ほぼ四分の一が外国からの参加ということで、国際認知度もかなりあがってきているといえそうです。

4ヶ月後にファイナリストに残り、(ここでファイナリストに残ることができた会社は、会社として存続する率が非常に高いといわれています)賞金を手にすることができるのは、どの会社になるでしょうか。

参加社リスト
http://betaboston.com/news/2014/05/21/masschallenge-names-128-startups-for-2014-program-full-list/

参考記事:
大人の社会科見学  マスチャレンジ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中