高校中退者を減らす為の起業プログラム

先日、BUILDボストンユースビジネスプランコンペティションが開かれました。
このプログラムは、高校生に起業家精神を教える事を通じて、高校を中退せずに卒業して、大学まで進んでもらうことを目的に始まったものです。

BUILDの調べでは、中退してしまう子供達の約54%が高校の一年目(日本の中学3年生)に学校をやめてしまうということです。(アメリカの高校は大抵4年制)
そのような子供たちは勉強にも問題がありますが、それだけでなく家庭環境等にも問題があります。そこでBUILDは高校4年間のプログラムを作り、その中で、ビジネスのやり方(ビジネスプランの作成、マーケティング、商品化、ファイナンス、販売、)を教え、同時に学業のサポートもしていきます。

今年で3年目になるこのコンペ、5つの高校1年生(9年生)チームがテレビ番組の”シャークタンク”のように、地元のビジネスリーダー達の前で、ピッチをしました。
通勤時に持ち運べる枕や、パーツを変えるだけで、カスタマイズできる眼鏡等のアイデアがでましたが、今年賞をもらったのはB-Tiesというネックレス、やヘアクリップになる蝶ネクタイを披露したチームで、1000ドルの賞金を得ました。ビジネスを始めるコストは通常数百ドル程度ですがこのプログラムでは資金を提供されます。まず、9年生でもとのアイデアをもう少し、発展させてビジネスプランを作り、10年生では商品を作り、11年生で販売し、12年生では大学準備に入る為事業を徐々に縮小します。

こういったピッチコンテストはどんどん低年齢化して、高校一年(日本の中学3年生)から参加できるようなプログラムも増えています。
”学ぶ”ということが机の上で、勉強していくだけでなく実際に自分の考えているものを、商品化、販売する経験を若い時にすることで次なる目標につながり、自分にも自信がつくし、やりたいこともはっきり見えてくるようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中