今年IPOを目指すボストン生まれの2社ーウェイフェアとハブスポット

ボストン生まれで今年上場を目指している会社に, Wayfair HubSpotがあります。
家具等のホームグッズを扱う通販のウェイフェアとインバウンドマーケティングのハブスポットは全く違う分野の会社のようにみえますが、2社の類似点が紹介されていました。(ボストングローブ5月30日)

類似点:
• ドットコムブームの後、それぞれ2002年(ウェイフェア)と2006年(ハブスポット)に創設されたこと
• 創業者たちはそれぞれ大学で出会った友人と会社をたちあげたこと(コーネル大学とMITスローンスクール)
• 創業者たちはシリアルアントレプレナーであること
• 他の会社よりも早くビジネスの世界におけるグーグルの力を十分に理解していたこと。
• 大手の投資家の資金を集めていること

ハブスポットは(将来の)顧客が自分たちのサービスをオンラインの検索から効率よくみつけてくれる為にどうやってブログや役にたつコンテンツをウェブサイトにのせるのかということを提案します。マーケターとしてはウェイフェアよりは上手で、インバウンドマーケティングという言葉を作り、本も出版し、毎夏5000人ほどをボストンに集め、会議を行っています。アマゾンのように自分が過去に買ったものの情報をもとに自分におすすすめのものを提示し、カスタマイズ化されたウェブページやイーメイルメッセージを送るようにすることに焦点をあてていますが、今後オラクルやSalesforce.com, Marketoといった大きな競争相手と競争していくことになるでしょう。

一方、ウェイフェアは1600人もの従業員をかかえる地元で最大のEコマース会社。アマゾンとは違い、在庫はもたずに、製造業者から直に物品を発送します。知名度があまりない為に、上場前に知名度をあげようとしています。

正直、ウェイフェアのサイトをみてなぜ、こんなに売れているのかよくわからなかったのですが、調べてみると、もともとニッチの商品を扱う小さなドットコムブランド200ほどのサイトをひとまとめにしたものが、ウェイフェアだということで、はじめにそれぞれのセグメントで顧客をしっかり捕まえているからこれだけの売り上げがたつのだと納得しました。顧客がグーグルで検索した時にどれだけ、自分たちの商品や、サイトが目につくのかということを早くから考えてサイト構築をしています。
買う人がいなければ、商売は成り立たないということで、忠実に顧客目線の商売を続けてきた結果、ということがいえそうです。

去年のウェイフェアの売り上げは913億ドルでハブスポットは77億ドルだということです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中