増える専業主夫、ワーカホリックな妻とデスパレートな主夫が普通になる日はくる?

ピューリサーチの結果によると、1989年は5%の男性が子供や家族の面倒をみる為に主夫として家にいると答えていたのに対して、2012年の調査では21%の人が子供や家族の面倒をみる為に家にいるといっています。又、仕事がみつからないから家にいると答えていた男性は、15%から23%に増えています。現在約200万人の男性が家で主夫をしているということでこれは1989年の数字の倍にあたるそうです。(18歳から69歳の男性で18歳以下の子供がいて、家の外で仕事をしていない男性が対象)
実際近所にもそういった男性が何人かいるので、やっぱり、そういう夫婦が増えているんだなあという感じはしていました。

そんな中、新聞記事(ボストングローブ6月13日)で取り上げられたカップルの話。MBAをとってキャリアをしていた夫が、養子としてとった子供の面倒をみるのを機に、外科医の妻のキャリアを重視して、責任が重い仕事から、転職したのですが、結局、育児と仕事の両立が上手くいかず、仕事をやめて専業主夫になった、という話でした。このような、話は女性の場合はよくきくのですが、男性がこうなるケースはまだ少ないと思います。実際これが可能なのは、どちらかが、高額な収入を得られている場合で現実問題としては、どちらかがやめたくても、1人の収入だけではやっていけないという場合も多々あるでしょう。(逆に、チャイルドケアが高すぎて働きにいかないほうが、まし、という結論をだす、カップルもいますが。。。)

それにしても最近、まわりに家にいる男性が増えているなあ、と感じるのですが、考えられうるパターンとして、

• 夫婦ともに基本家にいるが、夫は家にいても仕事部屋からあまり出てこないので子供は妻が面倒をみている
• 夫は家にいて、仕事はしつつも妻は外で働いているので子供の面倒はチャイルドケアに任せている
• 夫婦ともに家で仕事をしている
• 夫は家で主夫であり、妻が外で働いている。

実際、職業や職種によっては家でできる仕事をする人、というのが増えているということもあるのでしょう。
どちらにしても、多様なライフスタイルが受け入れられつつあるというのは色んな可能性や生き方が受け入れられるという事で、いいことのように思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中