顧客が先か、商品が先か。リフィ二ティが選んだ起業の仕方。

2012年に設立された rifiniti というスタートアップがあります。rifinitiはオフィス環境、不動産利用の効率化とサステナビリティーを追求している会社です。オフィス空間や商業施設等の空間を有効利用するために空間がどのように使われているかデータを集めクラウドを使い即時解析をします。データから、将来的にどういう需要があるかを予測し、これらを他社よりも5−10倍安く提供できるといいます。

フォーチュン1000の平均的な会社は300万平方フィートのオフィス空間に2億ドルを年に支払うそうですが、不動産業界の情報から共同創設者のグレスティー氏が試算したところ、大手の会社はオフィスの半分のスペースしか使っていないとのこと。合併をした場合等は、余分なスペースが生まれることがあるのですが、近年のモバイルテクノロジーの発達でオフィスの中で決まった場所で仕事をしなければならない割合がどんどん減っているといいます。

去年のマスチャレンジでファイナリストとして残った会社ですがこの1年の間に大手IT関連企業数社の顧客を抱え、投資家から200万ドル以上の資金供給をうけました。
ロンドン、ボストン、バルセロナで展開している投資会社、ボストンのエンジェル投資家グループと沢山の投資家からの期待を寄せられており、沢山の投資家が投資したがる会社の一つという感じなのですがその秘訣はなんでしょう?

グレスティー氏によると、”製品を作ってから売り込みに行く会社って多いんだけど、それだとリスクが高いんだよね、顧客になるであろう人達と始めから彼らの望むものを作っていくと、商品ができる前から顧客がつくんだよ。そうすると、其のお客さんがすでにお金を払ってくれる可能性もあるから、資金をどこかから受ける必要もないってわけ。小さく始めて、大きく育てるのさ。始めからいい顧客がいれば、投資家達も安心して投資してくれるんだと思うよ。”
これは、小さい会社もしくは個人で事業をやっている人たちは実感すると思うのですが、ビジネスの規模が大きかろうが小さかろうが、”お客がいなければビジネスは成り立たない” というのが、商売であり、資金がないならなおさらこの点が重要です。
お金がないとビジネスができないという人がいますが、必要なのは、信用だったり、核となる技術、知的財産だったりしてお金は後からついてくる、というのはまさにこういうことをいうのでしょう。

”そういう意味ではだれもが、独立起業するチャンスがあるんだよ”

参考記事:
Disciplined Entrepreneurship-起業の法則(イントロダクション)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中