無料で、大学講演を行う事はヒラリー•クリントン女史にとってはハードチョイス??

ヒラリー•クリントン前国務長官が次の大統領選にむけて着々と準備を始めています。

先月、出版された本 “Hard Choices(ハードチョイス)” のサイン会がボストンの書店でも行われ、1000人ほどの人が購入した本に直筆のサインをしてもらう為に、数時間並びました。私はあまり政治的なことには興味がないのですが、どうしてもサインいりの本が欲しいという人に誘われて、3時間近く一緒に並ぶはめになりました。ディズニーランドでもこんな並んだことないので生まれて初めてですね、これだけ並んだの。雨降らなくてよかった。

待っている間に周りを見回すと8割は女性でしょうか。若者から、年配者まで幅広くいました。熱烈な支持者がいるんだということはよくわかりました。もちろん、クリントン女史はマサチューセッツ州にある名門女子大、ウェルズリー大学の出身ですし、民主党が強く、インテリ層の多い、ボストンですから人気があるというのはわかります。ここまで並ぶ人はどんな人達だろうと前に並んでいた人と話をし始めると、彼女はもと、マサチューセッツ州議員で今は政治家をやめ起業家として、通信関連事業をヨーロッパを中心に展開しているとのこと。私と一緒にいた友人が、”あー、その会社の宣伝みたことある”といっていたので、市場にも広く、浸透している会社なのでしょう。“娘が作家なんです”といっていた、初老の夫婦や、若い女子学生達もいました。

待った甲斐もあってか、クリントン女史も超VIPの割には、ちゃんと一人一人に普通に話してくださって、さすがに力強さは感じましたが、イメージ通りの方でした。それにしても有名人って本当に大変ですね。。。

ヒラリー•クリントンさんのサイン

ヒラリー•クリントンさんのサイン

さて、今朝のボストングローブ(7月3日)にはクリントン女史が大学でスピーチすることで数千万円規模の収入を得ているという記事がありました。
高等教育の学費が高騰している中、いくら、彼女のスピーチ代金は学生の学費からでなく、寄付金でまかなわれているといわれても、その寄付金があるなら、授業料をあげないで欲しいという声がでてくるのは仕方のないことだと思われます。アメリカの大学は同窓生から多額の寄付金を集めていますが、その大きな部分が、一部の人の手に渡る事を面白くないと思っている人達もいます。

少なくとも8つの大学が(公立含む)昨年には数十万ドルを払っています。いくら払ったか明らかにしていない大学も多いものの、例えば、コネチカット大学は4月に25万ドルほど(2500万円くらい!)、UCLAは30万ドルほど支払っているそうです。1スピーチが20万ドルと計算しても、過去9ヶ月の間に180万ドルの収入はあった計算になります。去年国務長官を辞任してから、彼女は様々なところでスピーチを行っていますが、教育費用の高騰が問題になっている中、大学での高額スピーチに非難の声があがっているようで、費用の返還を求める学生の声もあがっています。複数の大学は、支払いはノンプロフィット団体のクリントン財団にいっているといっています。ブルーンバーグによると2016年の大統領選をにらみ、クリントン夫妻が私人から再び公人となれば利益相反が発生する場合があることからも、クリントン財団の寄付金集めが急がれており、10カ月で2億ドル(約205億円)の寄付を集めたとのことです。

クリントン財団はソーシャルアントレプレナーシップにも力を入れている団体ですが、大学側もクリントン女史もこのへんのお金の流れをはっきり説明しないと、新たな敵を作ってしまいそうです。


Hard Choices

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中