女性を魅力的にみせるのは何色の服?

ここのところ、サッカーのワールドカップで、盛り上がっていましたが、とうとうドイツが優勝して、会場にいたメルケル首相は選手一人一人に、挨拶をしていました。もともとくる予定だったのか、急遽応援にくる事に決めたのか、彼女は、赤い服を着ていました。女性の赤ってパワーを感じて、勝負服、という感じがあるのですが、特に男性が多くいるところで女性は自分を強調するのに、赤を着る傾向にあるような気がします。

先日ボストンにいらしたスイスの環境大臣も赤のワンピースを着ていました。周りがダークツーツの中で、赤はとてもひきたっていましたね。

メルケル首相

メルケル首相

赤い服が女性を性的に魅力的にみせるというのは昔からいわれていたことですが、ウェイトレスに同じ形ですが色の違う、6種類のシャツをきてもらい、実験してみたところ、赤のTシャツを着た人が 一番チップをもらえたという結果があります。

またロチェスター大学の研究 では18歳から65歳の女性200人を対象に実験したところ、同一人物が白い服を着ている時より、赤い服を着ていた方が明らかに男性から魅力的に思われたということでした。でも同時に、同性からは警戒心をもたれるということもわかりました。

やっぱり、赤は男性の中で頑張らなければならないときに効果を発する勝負服で、女性が多い時はかえって好ましくないといえそうです。
色の心理学って面白いですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中