中高生の留学その2-成功のポイント-

日本でも子供の頃からの英語教育に沢山の人が関心があるようですが、それはヨーロッパでも、同じようです。今年、訪ねたフランスでも昔よりも明らかに、英語が通じるようになっていてびっくりしました。 そもそも、アルファベットの言語を使用する人達が英語をマスターするのは、日本人よりずっとハードルが低いはずなので、それこそ、小学校3、4年生から英語を始めて、高校生くらいになれば、かなりできるようになるはずです。中高生の英語の為のサマーコースというのは、ヨーロッパでも以前からありましたが、最近、母子(家族)留学の話もきくようになりました。私のまわりでも、この1年間で、ヨーロッパから2つの家族がアメリカに家族留学をしました。(ボストン周辺にはこのような家族留学をしてくる韓国人や中国人家族をみかけます)

この2家族、互いに知り合いではないのですが、偶然にも状況が似ていました。
• それぞれの家族に子供が二人ずついての年齢はともに中高生。父親は自営業、自分で起業してかなり成功している。(2人とも国内中心のビジネスをしている)
• 父親は大学にはいっていない。
• 両親がこれからはどんな仕事をしていても英語が大事になる、と考えている。
• 母と二人の子供達がアメリカに移住しアメリカの私立の学校へ子供達を通わせ、父親は仕事の為に自国とアメリカを行ったり来たりしていた。
• 子供は上の子が息子、その下に娘、そして上の息子のほうに問題をかかえている。(アカデミックやメンタルな意味で)

違っていた点。
• 留学期間:1つの家族は半年の留学、もう1つの家族は1年留学。

さて、それぞれ半年、1年後はどうなっていたでしょうか。
半年留学をした子供達は半年たっても、友達と呼べるような友人ができなくて、家に友達がくるということもなかったそうです。又、母親は子供達が英語で他の子供や人と話すのをめったにきいたことがなく、いったい半年で何を習ったのか不思議だといいます。
一方、1年留学していた子達は、息子のほうは半年もすると、彼女ができて、娘もすっかり学校にとけ込み、帰国してからも、夏休みに早速、友達が数週間遊びにくることになったといいます。
親はすっかり、この1年の成果に満足で、子供達自身に自信がついたし、自発的に何かをやる気になったこと、又子供達に夢を与える事ができた事を喜んでいました。何よりも1年後に子供達が、”1年間こんな経験をさせてくれてありがとう” と言ってくれたと感動していました。

この2家族をみていて子供達の性格というのも大きいですが、それ以上に母親の動きというのもすごくあるなあと思いましたね。(ちなみに母親は両方とも英語が堪能です)
友達ができなかった子達は内向的な性格なので誰かの助けなしに短期間で友達を作るというのはすごく難しかったのだろうと察します。子供達も自分たちがなぜ、アメリカにこないといけないのかわからない、というようにみうけられました。

何よりも違ったのは、母親がその地での生活を楽しんでいるか、という点で、1年いた家族は子供を通じてその社会を楽しんでおり、学校のイベントや手伝いには積極的に参加、仕事の面や経済的には大変だったけど、本当にこの時期に決心してきてよかったといっていました。
一方、半年いた家族は、学校に通う他の子供達が、離れた所からくるせいか、放課後に遊ぶということもできずなかなか、まわりとコンタクトがとりにくい、それに対して、親のほうも、子供が自然に友人を学校からつれてきてくれるのを待っていたらしいですが、そうはならなかった。半年という限られた期間仲良くしてくれる子達を探すのも難しかったのかもしれません。親は子供を英語の環境にいれれば自動的に英語ができるようになる、と思っていました。

ところで、この様子をみていた、両方の家族を知る知人は、なんでそこまでする必要があるのか?という質問をなげかけました。
確かに語学だけを習うのなら、わざわざ家族留学なんて必要ないでしょう。
結局、語学以上に、その地の生活や環境になじめるかという、柔軟性というのが問われてしまうという部分は、大人も子供も一緒のような気がしますが、まさにその柔軟性を養いと視野を広げるために若い時に、短期でも海外生活を、と望むのかもしれません。

参考記事:
中高生の為の語学短期留学のポイント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中