インドのシリコンバレー、バンガロール

バンガロールは、インドのシリコンバレーと呼ばれITビジネスの中心地です。
バンガロール空港はガラス張りのとてもモダンな空港なので、 町も近代的な建物が結構建っているかと思うと、いやいや、それはまだほんの一部の話で、そういうエリアとそうではないエリアが混在しているというのが今の状態です。

近代的な建物

今回バンガロールに訪ねたある事務所の所長は大学の博士課程をとるのにインドに数年滞在していたことがあり、その後食料のフェアトレード関連のビジネスをたちあげました。現在は、大学、研究機関も含め、スタートアップ等の対インド投資の手伝いをしています。 事務所は、バンガロールのそれほど近代化されていないエリアにあったせいか、事務所の近所を歩いていたら、赤ちゃんと、子供をつれた女性に腕をつかまれ、“1ルピーをください!”といわれ、追いかけられ、さすがにびびりました。内心、“1ルピーでいいの?”だって、2円にもなりませんよ。。。所長いわく、そういった女性達は組織化されているので、お金を渡してはいけないと。まさしく、映画『スラムドック&ミリオネア』の世界そのままの話をされていました。(ボストンでも路上でお金を集めている人達はよくいますが、彼らには通りすがりの人達がよくお金を渡しているのとは対照的です)

バンガロール滞在はほんの数日でしたが、町の中を歩いたり、車で移動していると普段の生活が少し覗けました。 ゴミの集積所らしきところが町のいたる所にあるのですが、ゴミ袋に全てのゴミが入っているわけではないので、そのままそこに犬や牛がたむろして、動物が渋滞の原因になっていたりします。それでも、人々は動物にやさしいのか、(宗教上の理由か)せかすこともなく、妙な共存がうまれていましたね。都会でもそういう衛生状態なので、世界のエネルギー問題や公害なんて話をしたところで、全くピンとこないだろうなあ、というのは感じました。

車の前を牛が通過中

車の前を牛が通過中

確かに、昔はプラスチック製品やスプレーのようなものはなく、ゴミをそのまますててもある意味、自然のコンポストになっていたのかもしれませんが、都会でもその状態なので、サステナビリティとか、省エネとか言う話以前の問題だということを所長もいっておられました。
これだけ、人がいて、市場が大きいと、ビジネスチャンスも多いし、新規事業も大変だけど、やりがいがありそうに思ったのですが、所長いわく、“中国人とインド人との大きな違いは、中国人は上昇志向が強いが、インド人は今いる自分の地位からどうやってもっと向上しようとか、よりいい職業につきたいとか、どうやったら自分の生活の質がよくなるか、なんてことは考えてない人が多いことなんじゃないかなあ。でも、みんな自分のいる今の地位や肩書きにこだわったり、タイトルはすごく大事。なんだかんだいってすごい階級社会だから。”

町から1時間も走ると、扉のないような建物に住んでいたり、屋台のような商店を多くみかけましたが、それでも電線は通っています、あと20年くらいたつと景色もずいぶん変わるのでしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中