スイスデザイン賞の展示会(EXCELLENT SWISS DESIGN BOSTON)

昨日からmassart(マサチューセッツ州立芸術大学)で、デザインプライズスイスを受賞したスイスのデザイナーの作品や、工業デザイン等の展示が始まりました。

さすがに芸術の国というよりは、イノベーション、テクノロジーの国らしく、実用にとんだアート作品という感じがしましたね。
もともと繊維業が盛んだったスイスが、安価なアジアの商品からのプレッシャーの為生き残りをかけて、様々な取り組みをしている中で、生地メーカーが、(カーテン)生地の中に小さなランプを組み込んで、照明効果をだした洗える生地を開発したり、機能的な家具やスポーツシューズ等、テクノロジーとデザインの融合という展示です。

通常手を洗うのに、人は平均6リッターも水を消費するそうで, この水の消費量を90%減らせるように蛇口のなかに水圧を調整するしくみをいれたswiss eco tap の商品は様々なサイズや形の蛇口が、アタッシュケースに(拳銃のよう?)スマートに収まっていました。

色んなサイズの蛇口

色んなサイズの蛇口

非常に面白かったのが、グラフックデザイナーと医療関係者(ベルンの病院)が一緒に行っている、痛みをビジュアルで表現したらどうなるかというプロジェクトでした。
2年間かけて、様々な痛みを感じる患者をヒアリングしてその痛みをグラフィックで表していきます。
痛みを言葉で表すよりも、より、多くの人が共感できるような、ビジュアルを示すことによって、将来的には、この病気の痛みはこのグラフッック、という対応ができるようになることをめざしているそうです。

この展示EXCELLENT SWISS DESIGN BOSTONは11月22日までmassart で行っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中