高校生向けのedXがスタート!

edX が高校生の為のカリキュラム(26科目ほど)を来月から始めます。

数学やサイエンス、コンピューターサイエンスのイントロダクション的な授業とAP(Advanced Placement Class)テスト対策のコースがメインのようですね。

コースの提供は19の大学や高校から行われるそうですが、こうなった背景には、大学に入学したものの、基礎理解ができていないことで授業についていけない人達がかなりの数いる(例えば大学で行われる物理の授業には高等数学の知識が必要なのに、それが足りない為についていけない)一方、できる学生達はどんどん、高校生でも上級のクラス、例えば大学の単位として認められるAPクラス(テスト)をとったり大学の授業を一部受講したりしている子達がいるという現実があります。学校によってAPクラスがそれほどないところもあるのでedXでAPクラスをとってテスト対策にするということも可能でしょう。実際、高校生くらいになると、例えば数学ができる子、できない子(得意な子、不得意な子)の差はかなり大きくなり、15歳くらいからハーバードの通信クラスをとっている子供達もいるくらいですから、得意なことはどんどんのばそう、というアメリカの考え方からは自然な流れだと言えます。また、先生が授業の一環にこのコースのマテリアルを使うこともありえます。
edXでは現在、300万人もの高校生の年代の学生が登録をしているそうです。

また、数ある大学の中から自分にあった大学をどうみつけ、どうやって大学に申し込みをするのか、大学側の条件や、ファイナンシャルエイドについて教えてくれるコースもあります。今回提供されているコースは高校から大学に行くギャップを埋めるコースと言えるかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中