日本の学校が求めているグローバル人材って何?

久しぶりに会った中高生の子供の母親である友人が夏休みに日本の学校の帰国子女説明会(子供を日本の学校に編入させたい)にいってがっくりしたという話。

”学校側はね、表向きは外国に住んでいた子供たち大歓迎っていうのよ。グローバル人材を育てるとかいって。でもよく話をきくと、元々いた学校に戻るにしてもテストはされるし、(テストの結果が悪ければ戻れない)英語力以上に、日本の学校レベルの数学や日本語力がとわれます、っていうのよ、でもね、子供達は英語の環境になれて、英語で授業が問題なくこなせるようになるのに、最低でも2年はかかるのよ。子供によっては3年以上かかるかもしれない。しかも、中学、高校レベルって日本の学校だってそれなりに難しいのに、それを英語でいきなり始めるんだから。それで、一生懸命、現地の学校になじめるように、人間関係も気を使って親も子もこんなに大変な思いをしてやっているのに、これにまたプラスアルファで日本の学校レベルの勉強もキープしろっていうのよ。しかも、受け入れ時期はきまっているし、学校によっては、試験日まで決まっているんだから!どこに住んでいると思っているのかしら?”

日本の学校が求めるグローバル人材像は日本社会と外国社会を上手くつなげてくれる人、ということなのでしょう。だから、日本を、日本語を理解してくれていることは前提条件になるのだと思われます。しかし本来グローバル人材というのは、国籍をこえたところで、活躍できる人だと思うのですが。。。実際、日本人だろうが誰だろうが関係なく、OOさんだからこの仕事を頼むと、しかも、外国の現地校で若い時に精神的にももまれて帰ってきた子供達は将来それができる可能性が高いのです。ある意味、外国で日本以上に厳しい戦いをしてきている場合があるわけですから。本来、帰国子女で語学ができる日本人は沢山いるというのに、国際社会で日本人のマネージャーが少ないというのはせっかく養った、外国で生き抜く力、競争力のようなものをのばしきれていないということになっているのではないかと思いました。日本人の枠をこえて活躍できることが、結果的に日本にもたらすインパクトが大きいということは近年のスポーツ選手の活躍をみていてもわかると思います。

せっかく限られた時間に外国にいるのだから、中途半端に両方をおいかけるのではなくそこでないと学べないもの、そこで学んだものをみてほしいと外国に住む日本人の親子さんは思っているのではないでしょうかね。逆にいえば日本にいる間は、日本にいるからこそ学べることをするべきだとも思いますが。

そして学業だけではなく、人間関係も難しい年齢。帰ってきた時の学校側の柔軟性がない為に、企業が人を海外に派遣をする場合も、多くの家族は家族で赴任するかどうか、迷うといいます。しかも日本の企業には、転勤が決まった時に行かないという選択肢はほぼない、という現実を考えると、なかなか家族に優しい環境とはいえません。そして、最終的には、父親が一人、単身赴任をするということになり、これがいいのか、悪いのか。。。

日本の学校が求めているグローバル人材って何?」への4件のフィードバック

  1. はじめまして。シアトル在住の近藤です。現在、ワシントン大学に留学しております。
    海外のスタートアップを含むエコシステム及び教育に興味があり、数ヶ月前より拝見させて頂いておりました。
    当記事に関しまして、重要なことは、親が「獅子の子落とし」の如く、本当に子どもの将来の為を想い、子どもを幼い時から厳しい環境、変化を伴う環境に置けるかということかと考えます。私が海外で会ったグローバルに活躍されている日本人の方は、幼少期にそのような体験をしており、それが影響を与えたとおっしゃておりました。
    日本にも本質を見極めることができる人が増えることを心から願っております。そうゆう私自身も未熟な点が多々ありますので、精進致します。
    いつも記事を楽しみにしております。ありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します。

    • 近藤様

      コメントありがとうございます!
      稚拙な文章にお付き合い頂いて恐縮しております。
      環境の変化を伴う教育は本来結果をだすのに時間がかかりますが、その結果を短期間に出す事を求められることで、せっかく海外にいるのに、常に日本をみていなければならない家庭が多く残念に思っていました。もっともこれは子供に限った事ではないと思いますが。
      これからも、ご意見、ご感想頂けると嬉しいです。
      よろしくお願いします。

  2. こんにちは。
    学校に関してですが、地方は分かりませんが帰国子女に滞在年数に応じた下駄を履かせる私立はかなりあります。息子も姪もそれでかなり偏差値的には高い中学、高校に入学。甥と姪は英語のみの受験でトップクラスの私立大学に入学。周囲では帰国子女の方が受験に有利と言われています。
    ちなみに受験時で息子は海外滞在10年、甥と姪は十数年でした。
    ただ息子は海外の大学を卒業したのですが、就活のことを知らずやらなかったため、帰国後、就職に苦労しました。今は外資の世界的なIT企業で元気にやっています。
    挫けない気力さえあれば何とかなると思っています。

    • 貴重なコメントをありがとうございます。
      学校側も、本音と建前があるのでしょうね。
      大学になると、門戸もだいぶ広くなり可能性も広がるようですが、高校の場合は、それほど選択肢がないようで、帰る時期を選ばないと大変だという声をよくききます。やはり、親の責任は大きいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中